高槻市長と辻元清美    

瀬戸弘幸氏より
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
「連帯ユニオン関西生コン」と辻元清美とブロック塀              

 平成30年6月18日、大阪府を襲った震度6弱の地震で小学校四年生の女子生徒が犠牲になりました。登校途中に突然、崩れてきた学校のコンクリートブロック塀の下敷きになったそうで、本当に痛ましい事故でした。しかし、時間が経つにつれてこれが単なる地震という天災によるものではないのではないか、という疑いが浮上しています。実は私もこのニュースを聞いた時、ピンと来るものがありました。まだ単なる疑惑に過ぎないので断定はできませんが、高槻市選出の辻元清美議員(立憲民主党)とそのスポンサーである「連帯ユニオン関西地区生コン支部」とこの事故との間に何らかの関係があるのでは、という疑惑です。

 地震の翌日の19日、高槻市の濱田剛史市長が会見で、寿栄小学校のコンクリートブロック塀が建築基準法に違反していたことを認め、謝罪しました。しかし、これはおかしいです。濱田市長は今から5年前の2013年9月24日、このブロック塀の前に立って撮った写真を、なぜかわざわざFace bookに投稿しているのです。その時、ブロック塀が自分の背丈よりもはるかに高いことを知っていたはずです。写真で見てもかなり高いですから、その下に立ったらおそらく見上げるほどの高さだったはずです。
 1978年6月に発生した宮城県沖地震で倒壊した建物に押しつぶされて18人が犠牲になりました。そこで1981年に建築基準法が改正され、塀の高さの上限は2.2メートルになったそうですが、寿栄小学校のコンクリートブロック塀はなんと! 3.3メートルもありました。大人でも見上げる高さなのですから、小学生がその下に立ったら、そそり立つような高さだったでしょう。そもそも、なぜ小学校のプールの外壁をこんな高さにする必要があるのでしょうか。外から覗かれないように、という理由だったとしても、2.2メートルもあれば十分でしょう。まったく無駄な高さです。

 学校の建物や体育館に関しては耐震工事がほぼ100%、行われているにもかかわらず、なぜコンクリートブロック塀は耐震基準の対象外になっていたのか、も解せません。

 濱田剛史という人は2011年4月、高槻市長に当選したそうですが、なぜか2015年4月まで辻元清美議員と濱田市長の事務所が同じ場所にあったことが分かっています。事務所を共有するほどですから仲が良かったのでしょう。辻元清美が「連帯ユニオン関西地区生コン支部」という、コンクリート業者の労働組合の支援を受けていることは有名です。濱田市長ももしかしたら「連帯ユニオン関西地区生コン支部」と何らかのつながりがあったのではないでしょうか。ちなみに「連帯ユニオン関西地区生コン支部」は今年に入ってから二回、警察の強制捜査を受けています。メディアはまったく報じませんが。

 これから警察にはしっかりとした捜査をしてほしいです。でないと、犠牲になった少女が浮かばれません。

以上

市の幹部は夜に記者会見を開き次のように述べた。建築基準法に違反した違法な建築物であることを認めた。

 「高さ2.2メートル以下という規格を超えており、建物の強度を確かめる構造計算をした記録がないという。 」
 
そのそもこのような違法な建築物がありながら、それを放置していたのだから問題です。東日本大震災ではこのような塀の倒壊で亡くなった人が出たので、公共施設の中でも特に学校関係には耐震補強する為に予算が配分されました。この予算などもどのように使っていたのか?徹底して調査しなければなりません。


スポンサーサイト

桜井誠氏の国際ナショナリスト会議‼


国際ナショナリスト会議の
桜井誠党首の動画がアップされました!
桜井誠 国際ナショナリスト会議

愛知県のHPのガイドライン

差別的表現を削除対象に 県HPのガイドライン策定
 五月に県が公式ホームページ(HP)の「県民ホットライン」に掲載していた意見二件が「ヘイトスピーチだ」と批判を受けて公開を取りやめた問題で、県は十五日、「差別的と思われかねない人権への配慮を欠いた表現」を削除の対象とするガイドラインを策定したと発表した。
 問題が指摘された二件について、県は同日、外国人などを差別する表現のあった部分を削除した上で、HPでの掲載を再開した。
 県は今後、差別的な内容を含む意見や質問が寄せられた場合、弁護士などの意見を踏まえて修正し公開する。同日会見した阿部守一知事は「県庁全体で人権に対する意識をしっかりと持って進めたい」と述べた。
 これまでの県の基準では、原則として意見や質問の全文を公表し、個人情報や特定の個人・団体を中傷する内容は修正するとしていた。差別表現には定めがなく、在日外国人を「ならず者だ」「犯罪率最悪」などと書かれた二件に回答を付けてそのまま掲載。五月にインターネット上で「県がヘイトスピーチを容認したと受け取られる」などと批判する投稿が相次いだ。
 新たに策定したガイドラインでは、県が定める人権政策基本方針に基づき、外国人や女性、障害者、中国残留孤児などの帰国者、性的マイノリティーなどに対し、傷つけ侮辱するような暴力性を持つ表現を差別的と位置付けた。
 修正への苦情などに対応する第三者機関の設置も検討したが「意見投稿者に主張の場を保障しているのではなく、そこまでの対応はしない」として見送った。

弁護士会と小坪議員!

なでしこりん支援委員会
https://samurai20.jp/2018/06/playboy/

週刊プレイボーイ掲載、小坪議員「懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません」
https://samurai20.jp/2018/06/playboy/
 今週号の週刊プレイボーイに掲載された。行橋市は、やや田舎のため、記事の内容を知ったのは(左派と思われる)アカウントや香山リカ女史のtweetだ。いまはうちでもコンビニで売っていると思う。昨日は議会の会期が23時59分まで延長され、私自身はまだ読んでいない。
 だが、web版の週刊プレにおいても『懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません』という発言が掲載されている。
▼メディアは情報を持っている。
 実は、週刊プレイボーイ以外のメディアもだが(先般の中野区長選の際に、選挙後、羽田まで足を運んでくれた記者もおり)、本件についての確定情報を、一部の週刊誌はすでに持っている。私は、弁護士会を含む7士業会に文書照会を行ったが、「弁護士会を除く、全ての士業会からの回答を得た」ことを報告する。
▼渡している士業もあった。
 ある士業会においては綱紀委員会規則に基づき、処分請求人の提出した書面を関係会員に送付すると明記しており、「懲戒請求者の個人情報」を(会則に基づき)懲戒請求を受けた会員(士業)に送付していることを明らかにした。
▼例外的な存在
 ただし、それは1士業会のみであり、「残る全ての士業」は、懲戒請求者の個人情報を、会員には渡していないようだ。これらの文書回答は「会長名や役職を付して」発行されたものも複数あり、士業会全体としては渡していない例が大半であることが判明している。
▼文書の公開予定
 これは明日以降のブログで「実際の文書を公開」するが、一市議が士業会7つに対し文書照会を行い、回答を得るというのは異常だ。地方議員のみならず、国会議員ですら驚いている。というか弁護士それぞれも、ここまで話が発展するとは思っていなかっただろう。この回答の一部は、士業会から(市議である私に)回答されたものばかりではなく、弁護士以外は監督官庁をもつため「官庁より照会」して得たものだ。
▼市議だとナメてもらっては困る。
 言い換えれば、省庁を6つ、市議が動かした、ということになる。無論、そのような職権を市議は有さないので、なんらかのコネクションを用いて、達成したわけである。
 市議の政治力をナメていたんだろう。
▼メディアは、踊らない。
 そして、これらの「内部情報」は、週刊プレイボーイのみならず、他の週刊誌も「すでに持っている」状況だ。弁護士らが笛を吹けども、メディアはなかなか踊らないだろう。なぜならば、国が動いているということを、彼らは察知しているから。はっきり言えば、俺が情報を流した。
▼次の一手。
 もう一つ、彼等にとって最悪なことを教えてあげよう。
「ひとつの士業会」は、懲戒請求のために提供された個人情報を、士業に渡していると回答している。私はこれを責めることはしないが、「改善の申入れ」は行いたい。当然、市議の申入れなど蹴るだろうし、蹴ってもらって構わない。私は「蹴られましたので、お力添えをお願いします」と、また議員会館に行く。
▼すでに動く、政治。
 何が最悪の事態かと言えば、(すでに蹴る前提で私は動いていたのだけれど)、対応を求めたところ、(市議の改善申入れゆえ、蹴られる前提で)『うちから動きましょう』と快諾を得た。ある士業会には「監督官庁がある」ため、行政指導が入れば”綱紀委員会の会則”は【変わる】かも知れませんね。
▼弁護士会の対応は?
 ・・・となると、【そんな対応をしているのは、弁護士会だけ】となります。まぁ、自治権がございますので、内部で対応されるのがよろしいでしょう。
 ここを踏み荒らせば、私は自治権を否定したことになってしまう。ですが、「自分でできませんよ」となった場合には、「高度な自治なんてできてない」と笑われると思いますし、【他の士業会が注視している】状況において、どのような判断がなされるのかは私も注目して見ております。
この詰将棋、だいたい勝った。
プレイボーイは、明記した。
『懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません』
その他の部分は、懲戒請求者に否定的な部分も多数あるが、この際、そこは容認しよう。
彼らは記者としての誇りを守ったのだ。ある意味では、勝負の行方を敏感に察知したのかも知れない。そして、これは「紙として」各コンビニで普通に販売されている。
 
さて、弁護士会が追い詰められてきました。
恐らく週刊誌をはじめ、媒体を用いて包囲殲滅する腹だったのでしょう。
ですが、妙に取材慣れした議員が前に立つと、思い通りには進みませんよ。
かつて西日本新聞にはズバッとやられておりますし、
神奈川新聞の某有名政治部長ともやりあいましたし、
東京新聞にもやられましたし、バイラルメディアに誤報を流され、Yahoo!砲に撃たれ、それでも記者会見を開き、自らの潔白を証明しつつ、既存のリアルツールで戦い続けてきましたからね。
戦闘キャリアも経験も、少しは自信をもっております。
士業会まるごとを論じても、私ならば耐えきれる。
メディアは、単に敵ではない。
こちらも乗り込み、言いたいことは言わせてもらう。
舵は、少しずつしか効くまい。
だが「思い通りにはさせない」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。
↓政治家の戦い方と、メディアの対処↓
週刊プレイボーイ掲載、小坪議員「懲戒請求は弁護士会という組織に対して行なわれたはずなのに、請求者の個人情報を弁護士個人が訴訟目的で流用することには容認できません」
https://samurai20.jp/2018/06/playboy/
(今回のプレイボーイの編集部は、えらかったと思う。誇りを感じた。)


日本人の染色体とDNA!

上野 貴寿氏より
·
 Y染色体ハプログループという染色体の種類があります。Y染色体は男性から男性に遺伝されるDNAです。何世代たっても、Y染色体ハプログループが変わる事はありません。
 数万年単位で遡ってもY染色体ハプログループは変わらないのです。逆に言うと、その民族のY染色体ハプログループを分析すると、その民族の男系のルーツが解析出来ます。
 逆にミトコンドリアDNAは女性系統のDNAの系図です。ミトコンドリアDNAを分析すると、女性系統の先祖が特定されます。これらのDNAの比率を分析すると民族のルーツがより明確に区別する事ができます。
 Y染色体DNAを見ると、地域による差がありますが、最も多い系統はY染色体D2系統になります。日本全体で平均を見ますと、なんと45%以上がY染色体D2系統であり、最もマジョリティを占めます。
 結論から言うと、この染色体が「縄文人」のDNAと呼ばれています。その次に多いY染色体の系統はO2b系統です。この染色体が、「長江文明人」のDNAと呼ばれています。
 三番目に多いDNAは03です。このDNAが「黄河文明人」のDNAだと言われています。
 沖縄を見ると、6割強がD2系統、そして2割弱の02bとO3系統です。北海道のアイヌを見ると、7割強がD2系統、そして2割強がC3系統です。このC3系統が、北方狩猟民族系のDNAです。
 日本人は、「縄文人」であったD2系統をメインとして、半島や大陸から渡ってきた長江文名人であるO2b系統、そして黄河文明人であるO3系統が2割ほど混ざった民族であるという事が理解出来ます。
 さて、東アジア全体でY系統DNAを見てみると、日本と同じD系統はチベット及びイ族、ミャンマーの一部にしかありません。しかし、正確に見てみると,これらの地域のY染色体DNA系統はD1系統であり、日本人の持つD2系統ではありません。
 D系統がD1系統とD2系統に分かれたと言われるのが2万5千年前と言われています。少なくとも、最も近いと言われているD1系統のチベット人であっても、2万5千年以上の異なる系統として別々の道を進んでいました。
 さて、隣国、朝鮮半島を見ますと、D2系統は皆無です。縄文人であるD2系統が皆無である事から、別系統民族であると言えます。メインは黄河文明人のDNAであるO3系統で、約半分を占めます。そして、約四分の一が長江文明人のDNAです。最後に二割ほどが、北方狩猟民族系のDNAとなります。
 日本人のマジョリティがD2の「縄文人」の子孫である事と比較して、朝鮮人は「黄河文明人」の子孫がマジョリティを占めます。
 さて、中国を見ると、地域によってDNAのパターンが異なりますが、多い、少ないはありますが、黄河文明人のDNAであるO3が大多数である華北、そしてO3と長江文明人のDNAが拮抗して、南方系アジア人のDNAである01が混ざっている華南が代表的です。
 そして満州ですが、そもそものDNAはC3ですが、漢民族による同化政策で混血化されている影響で黄河文明のDNAのO3のDNAが半数以上に膨れ上がっている傾向が見えます。
 そして同じく同化政策を実施されているチベットですが、元々はD1系統が殆どでしたが、植民地になってからの同化政策と呼ばれる妊娠するまで続けられる強姦によりO3系系統が4割を超える割合にまで増えています。
 DNAで見てみると、北海道のアイヌ、そして沖縄を含めて日本人のDNAは近隣諸国と余りにも異なると言えます。

余命3年

若い人の週刊誌に「プレイボーイ」が、水着美女のグラビアや車の話題が多いですが、左翼誌です、
今週は余命3年の弁護士懲戒請求を詳しく余命に批判的に載せています。
一部抜粋
あるブログに煽動されたネットユーザーが集団で弁護士に懲戒請求を申し立て騒動が起きている。
昨年5月以降全国21弁護士会で13万件に上り、その集団行動を煽った「余命3年」のブログは「余命3年と宣告されたブロガーが残された人生をかけて左翼や在日の暗部を暴露する」と
12年にスタートして今も3代目に大変わりして更新中で、3代目になったのは15年で、2代目までは自身の考えや思想を表明するだけだが、3代目は活動家としての顔をのぞかせる。
最初の指示は15年7月「不法滞在の疑いのある在日を入管に通報せよ」と数百人のリストを実名で上げられ、メールで通報、入管のサーバーがダウンした。
その翌月「スパイ防止法の早期制定を要望する」「帰化人の政治家の立候補を禁止」などを官邸へメール。...
後は本文をどうぞ1・・・」

韓国軍のしたこと!

ベトナム戦争時にレイプされた生存者が、韓国軍による「戦争犯罪」に対して謝罪と賠償金を要求している動画が世界で話題に❗
私は60歳。現在ベトナムのザライ省で暮らしている。当時、韓国軍がベトナム戦争でここベトナムにやってきたとき、私はビンディン省に住んでいた。
ビンディン省では、ごみ捨て場の近くに住んでいて、私の家族は、小さなお店でココナッツやバナナ、飲み物などを売って生活していた。
韓国軍の拠点は、私の家から近く、韓国軍がそのゴミ捨て場にごみを捨てに来るとき、私のお店に飲み物を買いに立ち寄った。
韓国軍の拠点はフーカットという場所にあった。現在そこにはフーカット空港がある。韓国軍はフーカットの拠点をトラ事業部というような呼び方をしていた。
韓国軍が私のお店にやってきたとき私は14歳とか15歳くらいだった。私は母がその韓国兵士にレイプされるところを見たの。それがキッカケで、母と父の仲は悪くなり、父は結局、母を捨てたわ。
母にレイプした韓国兵士も、すでに韓国は帰ってしまってね。1969年に私に弟ができてしまった。そのレイプによってできた赤ちゃんよ。
その後、私もレイプをされた。あの頃とても若くて何もわからなかった。いつものように韓国軍の兵士が私のお店にやってきて、そのときちょうど母がどこかに行ってしまっていたの。おそらく市場に買い物に行っていた時だったと思うけれど。
私はその兵士に部屋まで連れていかれた。彼は私をレイプして、それ以降私の目の前に現れることはもうなかった。
あの頃の私はあまりに幼すぎて、どうやって彼を探したらいいのか、どうやって彼を訴えたらいいのか、誰にこの問題に対して相談すればいいのか全く分からなかった。だから、運命だと自分に言い聞かせたの。戦時中のことだったし、真実を受け入れざるを得なかった。
だから過去を振り返ったりしないようにしていた。けどね、今になったら、もう怒りという言葉しかでてこない。その兵士が私の人生を惨めなものにしたし、私はそれで赤ちゃんまでできてしまった。
私の赤ちゃんをみて多くの人たちが聞いてきた。アンタ、韓国人と結婚したの?って。もちろん私がレイプされたなんて誰も知らない。ずっと隠してきたから。
1975年に南北ベトナムが統一された。そして、私の母はその年の8月に死んでしまった。喘息でね。当時、薬を買うお金もなく死んでしまった。しかも、戦時中、薬剤師は逃げてしまっていたし、もちろんそのせいで薬局も営業していなかったの。
母が亡くなってから私は、自分の兄弟(母がレイプされたときにできた子ども)と、私と韓国軍の兵士との間にできてしまった息子を育てなければならなかった。だから、すぐに他の男性と結婚した。
けど、その男性は、お前の子どもは、俺の子どもじゃない。と言って、私や息子を殴る蹴るなどをしてきた。ってことで、私は子どもたちとザライ省に逃げてきた。
息子も、母が生んだ私の弟も連れてね。だって、私がいなかったら彼(母が生んだ弟)はどうやって生きていくっていうの?
ザライ省に逃げてきて、当初、住む家もなかった。だから市場に行ってそこで暮らすしかなかったの。10日間くらいはそうやって暮らしていた。ある人が、私たちを彼らの小屋に拾ってくれたの。そこで働くことになった。それこそ、竹でできたような家だったけどね。
数十年はそこで暮らしてたわ。ベトナム政府が私たちに土地を供給してくれるまでは。そもそも、ザライ省にきたとき私たちは誰も知り合いがいなかったの。
キャッサバや米を収穫している人たちについていったりもした。そうすれば、落ちている米やキャッサバを食べて生きていけると思ったからね。
それから10日後くらいに、彼らは私たちの存在に気づいて、雇ってくれた。数カ月後、お金を貯めてフライパンを買って、フライバナナを売ることにしたの。
これが私の惨めな人生よ。
だから、私は謝罪を求めている。私の人生を惨めにしたあの出来事に。
韓国軍は14歳、15歳という何もわからない私の人生を台無しにしたんだから。
…………………………………
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35034872.html

中野区長選は苦しい!

新潟県知事選の結果は、どうなるかわからない。
中野区長選は、苦しい。

私たちが「総員、新潟対応!」と呼び戻されたとき、その意味すらわからなかった、私も状況を理解できていなかったんだ。
手元の案件を止め、スクランブルのように動いたとき。
マスコミの影響は相当に大きく出始めており、投票日までに無党派の悪影響を止めきれないかも知れない。
ネットの動きも含め、「遅かった」可能性はある。
石破氏らが喜びそうな状況だし、それを野党は煽るのだろう。
メディアが嬉々として喜ぶかと思うと、居ても立っても居られない。
安心できる情報など、どこにもない。

中野区長選は、出馬のときから苦しい状況だった。
立憲・共産の手に落ちる危険性が当初からあった。
保守系が3つに分裂しており、一本化した野党が有利。
1人目は、自公の現職が4選を目指す。だが、多選批判を繰り返してきたため低調。
2人目は、自民の中野区議が無所属で出馬、7期当選の元議長である。
3人目が、私の推す吉田康一郎候補。元都議で、抜群に優秀。
よって、自民系を始めとした保守票は完全に割れていると思う。
ネットが生活インフラ化した中、組織票以外の保守は吉田氏に相当に流れており、
かつ民主支持者でも左派色の薄い方(ほんわりリベラルぐらいの有権者)は吉田氏の支持に回っているという情報もある。
だが、保守系でも誰が優勢なのか、まったくわからない。
4人目は、「立憲、国民、自由、社民推薦」で一本化。
野党統一候補が最も有利だろう。


だから、何もしないのか。
この状況を憂いて、それだけで終わりなんですか?と問いたい。
貴方に問いたいというよりも、私には自分に問いたい。
そして貴方自身も、自らに問うて頂きたいのです。

どんなに厳しい状況であっても、
戦っている者がいる。
候補は必死にマイクを握り、見えぬ未来の中、明るい笑顔で声を挙げる。
のみならず親族一同、後援会組織一丸となって、戦っている。


まだ、戦っている者がいる。
なのに、モニターの前で嘆き、諦め、途方に暮れるだけなのか、と。
私は自らに問うた。
そして、貴方も自らに問うて欲しい。

例えば民主党政権が誕生した過去。
メディアが悪かったと「過去を評論」して嘆いても、いまは変わらない。
だが、「未来を語り」、いまを戦えば明日を変えることはできる。
私は過去を評論するよりも、未来を読むことが好きだ。
政治家は、未来を述べるべきであり、光を指し示すべきだ。
それが一筋の光であったとしても。

私にできることは何か。
貴方ができることは何か。
無理はして欲しくない、危ないこともやめて欲しい。
だけど、できることはあると思うんだ。

家族と過ごせたはずの一日。
趣味に没頭するための、一日。
いまの日本社会において、「休日、一日」がどれほど貴重なものか、よくわかっています。
その大切な一日を、国家国益のため、捧げて頂けないでしょうか?



報酬は、ありません。

公選法で逮捕されます。

強いて挙げるならば「日本の未来」だ。

あと、国会中継を見ていて、

「がんばれ!がんばれ!」って心の中で、

他の人より、ちょっとだけ身近に、

ワクワクしながら応援できる権利。

保守が大苦戦している選挙において。

「たった一人」が動いても、

焼け石に水なのは確かです。

貴方の貴重な休日は、無駄に終わるのかも知れない。

だけど、全国で「一人一人」が動いたならば、どうだろう?

やれ!なんて言わない。

そして、言えない。

無理をしろとも思わない。

だけど、私はやる。

決めれるのは、自分のことだけ。

俺は、やるけどな。

貴方は、どうしますか?

貴方自身が決めてください。

試される覚悟、踏み出す勇気。

拡散をお願いします。
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク