新城市の韓国ヘホームスティ中止勝利!!!

新城市の韓国テグ市ヘホームスティ中止決定!!!
大勝利、これにて愛知県内4市韓国へホームステイ壊滅しました!!!
6月にお訊ねにあがりました。
教育委員会さんに丁寧な対応はいただいたのですが、訪問先の大邱(テグ)市に慰安婦歴史館や
テグ公園に慰安婦像ができたことを知っていて、今年も派遣を進める。
中学生が16人ですよ。市内にある6校から男子8人女子8人の16名です。
8月に4泊5日。
207万円の税金が使われます!
今年で32回目、MARSの流行った年も欠かさず、確信犯です。
・おとなりの豊橋市は中止してますよ
・慰安婦の合意を韓国は破っています。
・いいんですか? 北朝鮮から弾やミサイルが飛んでくるかもしれませんよ。
準備はしているが状況をみて検討するとの返事は頂きました。
なぜ、反日国へ小学生を送り込むのですか?
大邱市の慰安婦像に市や教育委員会は抗議しましたか?
希望者、保護者の自己負担でいいでしょう、なぜ税金で一部負担するのですか?
新城市教育委員会学校教育課
0536-32-0646
ーーーーーー
以上お尋ねをしたうえ皆さんに協力をいただきましたら
昨日13日中断が決定!!!
本日NHK/中日・朝日三河版に掲載。
教育委員会から返事がいただけました。
中断理由は、「北の大陸弾道弾発射に伴い文大統領がレットラインを越えたと危険性が増大したことによる」
8月15日からのテグ市へのホームステイは中止ですが、10月のテグ市からの訪問は未定です。
これで、愛知県の北名古屋市、小牧市、豊橋市、新城市韓国へのホームスティは全滅しました!!!
ご協力に感謝申し上げます!!!
スポンサーサイト

あらあら、川崎市でデモが許可されました!

瀬戸弘幸氏より
★日本の原子力発電所の操業が全面停止! 再稼動に向けて、国民運動を提唱!

川崎デモは公安委員会が正式に許可

 先ず、第一段階は我々の勝利です。

  石橋学・神奈川新聞記者はどこから情報を得たのか、知りませんが昨晩遅く、「差別主義者によるデモは許可された」などとツイッターで報じました。

 私はまだその報告を受けていませんが、これが事実ならば川崎デモは神奈川県公安委員会によって許可されました。ツイッターでも流しましたが、許可が出なければ北朝鮮並みの専制独裁国家であり、そんなことは万に一つもあり得ない事でした。

 それを川崎の在日勢力は百も承知で中原警察、川崎警察に「許可するな!」などの抗議文書を提出して圧力をかけていましたが、これは我々の先ずは勝利です。

 先日、二日前私は津崎さんと一緒に警察に対してデモの申請を行いました。その時にヘイトスピーチ対策法を遵守して行う旨の要望があったが、既に明らかなようにそのことについては幾度もブログで宣言していた。

 ★ヘイトスピーチはしない。

 ★在日朝鮮人が居住する地区には近づかない。

 よって、警察はデモの申請を受付て公安委員会に図る旨を約束した。そして、その結果が石橋学記者がツイッターで流したようにデモは正式に許可された。

 この意味をここで説明します。

 公安委員会がデモを正式に許可したと言うことは、今度は警察側がこのデモが何事もなく無事に終わることの全責任を負わされたという事です。つまり、どのような妨害行為があっても、それを厳しく取り締まり、デモを完遂させる義務が警察側にある。

 昨年6月5日のデモ開始前では

 車道に座り込んで進路を妨害

 車道から歩道に上がって下さいと言っても無視

 車道全体を占領し道路が塞がれ、通行が不可能

 このような中でデモは仕方なく中止せざる得なかった。

今回のデモでも又同様な妨害を試みると思われますし、在日朝鮮人が暴徒化してデモが出来ない可能性もあります。

 しかし、何度も書いてきた通り仮にデモが出来なくても、我々が負けではありません。もし、妨害されてデモが出来なければ、これは神奈川県警の責任となります。何故ならばデモをすることを妨害する連中を厳しく取り締まるのは警察の義務であるからです。

 前回のように「出来ないでしょう・出来ないよ」と警察官が言えば、私はその言葉を無視して参加者を危険に晒すことはしません。

 在日側の暴力によって再びデモが出来なかったという事実は、日本の民主主義社会が危機的状況にあることを改めて示すものです。

 昨年のデモを再現することこそが<勝利>となります。

 再び、デモが潰されることになれば、次は告訴となります。その準備は既に「余命3年時事日記」の方で準備が進んでいますが、昨年同様のメンバーが同じように妨害すれば、即座に着手することになります。

 特に有田芳生議員や福島瑞穂議員が姿を見せて、昨年同様に妨害すれば妨害行為の指揮者もしくは責任者として取り扱うことになるでしょう
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク