次回のあいちトリエンナーレに津田大介が芸術監督として参加決定!

次回のあいちトリエンナーレに津田大介が芸術監督として参加決定
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/2017071801.html

(前略)
2 芸術監督選任の経過等
学識経験者7名から構成される「あいちトリエンナーレ芸術監督選考委員会」を設置し、2回の議論を経て、芸術監督の選考を行い、同委員会の推薦を受けて、あいちトリエンナーレ実行委員会運営会議において芸術監督を選任した。
  平成29年 5月 1日 第1回芸術監督選考委員会
     同   6月 4日 第2回芸術監督選考委員会
     同   7月18日 芸術監督選考委員会から実行委員会に対し、津田大介氏を推薦 
               実行委員会運営会議において、同氏を芸術監督に選任することを決定
     同   8月 1日 同氏が芸術監督に就任予定

〈推薦理由〉
○津田氏は、日々の取材を通じて、社会問題に関する情報を発信し続けており、世界が大きく変動する時代において、社会情勢を踏まえた、明確なコンセプトを打ち出すことができる、新しいタイプの芸術監督像を期待できる。
○津田氏は、現代という時代を捉えており、テーマ性の高いコンセプトを打ち出し、エッジの効いたワクワク感のあるものを創り上げ、それを国内外にアピールすることができる。
○津田氏は、バランス感覚に優れ、また、情報を整理する能力にも長けていることから、いろいろなアイデアや意見を取り込んで、トリエンナーレを創り上げることができる。

3 芸術監督選考委員会委員(50音順)

  五十嵐 太郎 東北大学大学院教授
  加須屋 明子 京都市立芸術大学教授
  建 畠  晢(委員長) 多摩美術大学学長
  中井  康之 国立国際美術館学芸課長 
  藤 川  哲 山口大学教授
  水野 みか子 名古屋市立大学教授
  港  千 尋 多摩美術大学教授

(問合せ)
愛知県県民生活部 文化芸術課
トリエンナーレ推進室 事業グループ
担当:清水、伊藤
電話:052-971-6127(内線724-690・682)
E-mail: triennale@pref.aichi.lg.jp

補足
余命1837にそのいきさつと思われる書込みがある。
簡単に言うと、前回(2016年開催)の参加アーティストにしばき隊が紛れ込んでいて
そいつからイベントの乗っ取りを仕掛けたとの事。

これが問題のしばき隊メンバー・竹川宣彰(下はその作品)
http://r-ead.asia/takekawa-nobuaki/?lang=ja
https://goo.gl/JJGKz1

★こちらもどうぞ!
http://mera.red/%ef%bd%be%ef%bd%b8%ef%be%8a%ef%be%97%e6%b4%a5%e7%94%b0
スポンサーサイト
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク