FC2ブログ

京都地裁判決!

各紙が社説に違いがありますが 、ヘイトスピーチを諌めたと判決と述べております。
共通していることは、在特側がなぜ朝鮮学校に押しかけ、このような行動を起こしたか?がすこしも有りません。
中日の社説では
【朝鮮学校の子どもたちは心無い言葉を長時間にわたって大音量で浴びせられた末、4年たった今も1人で学校に行けない子や、大きな音に怯える子、腹痛を起こす子など、心身に傷をおった。これらの結果は常識を外れた行動であることを示している。】

たとえ、1歩譲っても4年前の事件ですよ、何も知らない人は「なぜ、在特と言う団体が学校に押しかけたのか?も分からず、今でも子供たちに深い影響を及ぼしているなら、高額であるが生徒に与えた影響から1200万円の支払いもやむをえないかと印象を与えます。
朝日では
【判決は18年前に加盟した人種差別撤廃条約が禁じる「人種差別」に当たると、条約が【効果敵救済措置】を取るよう求めていると、あえて高額の算定をした。】
2面の記事では、
日弁連国際人権問題委員会副委員長の武村二三夫弁護士は
はまる【不特定多数が標的になる街中のヘイトスピーチにあてはめるのは難しい】ただ、韓流グッズを【売るな】と特定の個人、店に対象に叫ぶなどすれば「業務妨害も成立する」可能性がでる。
また、内野正幸中央大教授は
「差別的表現とはいえ、不特定多数に向けられたものならば、表現の自由を優先せざるを得ない」
ここからが大切です
「ヘイトスピーチを抑えるのは法でなく、世論の力。在特のような主張が受け入れられる社会状況を変える方法を考えるべきだ」

これって在日特権がなくなれば「たたき出せ」なんて言いませんし、在特会も目的を達成し解散されるでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
リンク