仏漫画祭での慰安婦展中止にならず!

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/30...
これをみて昨日、中止とお伝えしましたが、真に残念なことに開催されました。
韓国のメディアも誤報したのです。
31日中日新聞(夕)より

フランス南西部アングレームで30日に始まった「アングレーム国際漫画祭】で韓国政府が実施している従軍慰安婦をテーマとする企画展に約600人が訪問した。
見学者の中には、韓国側の主張に沿った展示内容を信じ込む人もいた。
会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりする内容の十数作品が展示された。
入り口の説明文には、日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もある。
漫画祭のフランク・ボンドゥ組織委員長は「展示内容は漫画家個人の見方で、必ずしも歴史的真実ではない」と話す。
しかし、見学者のイザベル・プティさん(48)は「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、
ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話した。
日本大使館は、政府によるこの問題への取り組みや立場を説明する文書をプレスセンターで配布するなどした。
日本政府は1993年、当時の宮沢内閣の河野洋平官房長官が慰安婦問題の調査結果を発表して「おわびと反省」を表明している。
漫画祭の主催者が、慰安婦の強制連行は無かったとする日本側作者による漫画作品の展示を拒否していたことが明らかになった。日本外務省が31日明らかにした。
岸田外相、菅官房長官が不快感と非難した。
対抗措置として現地で文書を配布した。
韓国側の主張は誤りとする立場から描写した漫画を開幕前日の29日、主催者が作品の撤去を求めた。

以上の記事ですが展示されている従軍慰安婦のマンガをみる人の写真付きです。
共同の配信ですがこの記事には反日は見られません。

日本側が拒否されたのです。
私の推測ですが「金がうごいていますね」
確かにマンガの作品は歴史でも真実でも無いでしょうがそれなら、日本側の作品の展示は当然です。
韓国の漫画家が個人で出品していたのでなく韓国政府が実施して入るのです

怒り心頭です。韓国大嫌いになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク