30~40代の男女は日本を衰退させる戦犯だ!

団塊の世代は自分の子供にはこんな苦労をさせたくないと、結婚を息子や娘の自主的判断に任せたところ、これが大間違い、全部収入を「小遣い」にするやら恋愛、不倫三昧で青春と錯覚し、自分を客観的に見ることが出来ず、美人、イケメンを求め30代も過ぎ去り40代になり完全に賞味期限切れになる。
「物」には全て売り時があります、しかも相場で売らなければいけません。相場とは買い手が有る値段です。

5日は、「こどもの日」です。総務省の推計によりますと、4月1日現在の15歳未満の子どもの数は、過去最少だった去年より16万人少ない1633万人で、33年連続で減少しました。

総務省の推計によりますと、先月1日現在の15歳未満の子どもの数は、男子が836万人、女子が797万人で、合わせて1633万人でした。これは比較が可能な昭和25年以降で、最も少なかった去年より16万人少なく、昭和57年から33年連続で減少しました。また、総人口に占める子どもの割合も、去年を0.1ポイント下回って12.8%で、最も低くなり、昭和50年から40年連続の低下となりました。さらに、去年10月1日現在の都道府県別の子どもの数を前の年と比較すると、増えたのは東京都と沖縄県だけで、そのほかは、横ばいか減少しており、最も多く減った大阪府では1万4000人減少しました。また、都道府県別の子どもの割合を見ますと、最も高かったのは沖縄県の17.6%、最も低かったのは秋田県の10.9%でした。これについて、総務省は、「出産適齢期の女性の数が減り続けているため、1人の女性が産む子どもの数が大幅に増えないかぎり、今後も子どもの数の減少に歯止めはかからない見通しだ」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140504/k10014220351000.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1399204359/
【悲報】総務相「少子化対策詰んだ。出産適齢期の女性が希少になって1人で沢山の子供を産むしかない」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク