グレーゾン事態での対応は?

白でもなく黒でもない灰色
有事になる手前のグレーゾンに対処するための法が浮上してきました。
有事とは
外部から武力攻撃や危険がある場合は防衛に必要な武力を行使できる。
平時は
一般の警察力で治安維持が出来ない場合正当防衛や緊急避難などに限定して武器を使用できる。
海上での治安維持が海上保安庁では不可能などの場合は一定の要件を満たせば停戦させるための武器使用が可能です。

問題は外国から武力攻撃を受けた「有事」でもなく「平時」ともいえない状況
武装した漁民でも武装してない漁民でも、尖閣に大挙押し寄せて上陸し占拠した場合、自衛隊が必要な武力を行使できる「防衛出動」の要件を満たさないため海上保安庁や警察で対応するのでしょうか?
相手は500隻1千隻が漁民を乗せ、我先に尖閣に上陸しテントを張る、次の週また次の漁船団が押し寄せる。待機する漁船が1万隻あると豪語している。グレーゾンは難しい手荒く扱えば動画にして世界に日本が漁民に暴挙をと非難します。
法整備が急がれます。
もう1つのグレーがあります、パチンコの3店方式の換金方式です、別々の経営主体である建前である為、違法ではないとなっているが換金行為が実質賭博になっている。
もう1つ
ソープランドでは客と従業員が金銭の受け渡しがあり、売春防止法に当たるのではないか?建前は当事者の自由恋愛か?
改善されたグレーは
貸金業での利息制限法の利率と出資法の利率の間にある金利のことで、サラ金がなくなり、これはキレイにようやく白に改善されましたが、今度は闇が発生し「真っ黒」が登場してます。

これ等グレーには外国人が係わっているのが多いですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク