ようやく世に浸透したヘイトスピーチ規制を企む反日在日鮮人社会の現実味

yahooの国内・政治カテゴリーにおいて意識調査の回答ランキングが行われ、ヘイトスピーチ(定義がありません)規制をすべきか?とのアンケートが行われ、即座に規制すべきではないと回答したところ、59.5%が規制すべきではないと回答結果が反映されており規制すべきという回答は34.2%と左翼涙目になっております。

アンケートコメントで一番ヘイトスピーチの定義が無いということが顕著であり、我々が街宣時にしばき隊らに茶々入れられた時にしばき隊らが定義について説明できなったことがそれでしょう!また、鋭い指摘もあり、「規制は弱者に武器を持たせる逆差別になる!現在のヘイト規制に動く奴らの狙いが其処にある事は見えている!」と人権擁護法案同様、日本人のための規制では無いという一連のヘイトスピーチ関連報道を同情心だけで鵜呑みにしてしまう情報弱者へ警鐘をならすコメントが書かれており、想像以上にヘイトスピーチ規制やデモ、街宣を取り巻く反日在日鮮人社会ら含むプロ市民の危険性が世論に浸透しつつあるようです。

また、在日社会らの意図に関わらずニュースなどで有識者らによる言論の自由が失われるという意見で常識判断で規制は不要と世論は理解しつつあるようです。

拡散されてきた、在特会関連のデモ・街宣時における反社会的集団らによる在特会や協賛団体への妨害、暴行、脅迫、ストーカー行為の証拠動画などもヘイトスピーチ規制を望む者らに対して疑問が抱かれ、ヘイトスピーチ規制をすべきではないとの判断材料になったはずです。もしも、ここでヘイトスピーチ規制をし言論を封殺したならば、今まで在特会はじめとする啓蒙活動家らが散々指摘してきた在日特権(日本人差別利権)の詳細を隠蔽したこととなり、これが永い時を経て日の目を見たときの世論のインパクトは凄いでしょうな!今火だるまの朝日新聞の二の舞にでしょう!!









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク