植村元記者は如何に?

北星にお尋ね致しました!
札幌市の北星学園大学の非常勤こうしである朝日新聞元記者植村隆の雇用契約は4月から来年の3月までありますが9月30日に前期終了式がおわり、後期も引き続き植村の履修を希望するかの締め切りも同時に締め切られました結果が本日あり、残念なことに、ゼロで無い限り、予定どうり今期も植村の開講することに決まりました。学生への今回の説明や残りの単位の相談も有り全員の取り消しを期待しましたが
韓国人の留学生もおりゼロになることは難しいのでしょう。

しからば、来年は【国際交流特別講義】がどうなるかは11月中に来期の方針が決まります。
1週間前にお尋ねした、植村氏のコメントは「朝日の広報へ」と逃げ回りますから何時まででも追及されるわけですが、学園として、あるいは学長は「植村氏は札幌ではハングルで講義できる必要な人材だ、過去の業績派関係ない」と週刊誌にコメントしてましたが、これだけ社会的に問題になれば、改めて学長は正式に表明すべきでしょう」とお伝えしましたがどうなりましたか?
「今朝、ホームページにて学長が述べております」「昨日マスコミに伝わり、今朝の全国紙に朝刊にも一部でております」
全国紙に記事は2件の脅迫があったと伝えております。

また大学のホームページの学長表明は完全に植村擁護です。
http://www.hokusei.ac.jp/images/pdf/20140930.pdf
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク