外国人献金と言う地雷!

27日、宮沢洋一経産相が2007,08年に株式の過半数を外国人が保有する広島県の企業から計40万円の献金を受けていたと明らかにした。
企業とは広島県福山市のパチンコ店経営会社「ゴールド」で宮沢事務所では「日本の企業で問題がないとの認識だった」と説明した。

政治資金規正法で

①外国人 ②外国法人 ③外国人や外国法人が株式の50%以上を保有する株式会社などから政治献金を受けることを禁止しています。

理由は日本の政治が外国から干渉されたり影響されたりするのを防ぐためです。
罰則も厳しく、3年以下の禁固、又は50万円以下の罰金。しかも公民権停止。ただし、3年で時効です。

こも外国人献金問題は民主党政権時代では出るわ出るわ、菅直人が在日パチンコから06年09年に合計104万円を受領、11年には前原外相が25万円受け取る。

地元でも愛知3区の近藤昭一衆議院議員(民)が朝鮮総連系パチンコ企業から320万円を受け取るやら、愛知5区の赤松広隆(民)は朝鮮総連系のパチンコ業者から約1400万円の献金を受け、国会をずる休みしてハワイでパチンコ会社主催のゴルフコンペに参加しており、「外国人地方参政権」獲得に邁進しており、そのお礼の為、民団、総連の新年の挨拶にて「参政権の為努力します」と誓っておりました。

この程度の少額の献金の為、参政権付与、パチンコへの規制の緩和を絶えず国会内でうごめいています。
問題は民主党のみならず自民党議員にもばら撒かれていることです、超党派でのパチンコ業界の政治アドバイザーに加わるやら、日韓議員連盟に参加する議員は外国人献金受領の疑いが大いにあります。

以前、2ちゃんねるで
在日がこんなことをつぶやいていました。

「日本の政治は我々が牛耳っている。地雷が仕掛けてあり、議員連に通名、法人名で献金しているから必要な時が来たら、いつでも、外国人の献金を暴露するといえば、失脚させることも操縦も簡単だ」

これは、あながちデタラメでもないかも知れません。左翼、在日は安倍政権で追い込まれており、地雷が次々に爆破しますと強固な支持率も揺らいできます。
集団的自衛権、秘密保護法、原発再稼動、へのこ基地、偏向教科書の改訂と、通名の廃止、背番号制、農協弱体化、大学改革、TPP妥結近し、これでは左翼、在日は焦る、あせる。
地雷を今、炸裂させなければと焦る。安倍さん、くれぐれも閣僚になる議員の身体検査は厳重にお願いします!
特に、パチンコアドバイザー議員と日韓議員連盟の議員は任命されませんように!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク