反日のノーベル賞受賞者!

勿論、物理学賞の 中村修二です。
LEDを開発したのは徳島にある日亜化学工業という中小企業で青色LEDの商品化に繋がる「ツーフロー」技術で特許を取ると会社を辞め、ライセンス料を求めて裁判を起こし、結局会社から8億4千万円を支払うことで和解した。
その後、中村は「日本の司法は腐っている」と批判したが司法は判断をしておりません。
双方が和解したのですから。
例えに出すのはイチローもチームの中で活躍しながら高額の年俸を手にしている。会社で取得した特許であってもライセンス料を払えと言う、ところが
プロ選手は怪我や失敗すればたちまち引退するが、中村は成功するか分からない研究に3億円に及ぶ中小企業では過大な開発費を永年にわたりつぎ込まれ、金融機関からは不安がられ当然その間給料は貰い生活のリスクも無く研究に没頭させてくれた会社の温情やリスク、協力を全然無視し、成功したらおれの物とは何て根性が曲がっている傲慢な研究者でしょう。
発明による会社の利益には発明者だけでなく、市場調査や販売促進、営業職、経理部の銀行への折衝、雑用を全部引き受ける庶務といった様々な社員が大きくこうけんしている。発明者だけが大きな利益をえたという考えは発明者のごうまんで 開発過程の実験での失敗は損失が表に出ない。
文句があるならば、自分で会社を作り1人で開発すればよかったのに、アメリカではベンチャー企業が幾らでもある。
ところが米国に国籍を移し
「日本が発して発展するには1回沈没して古いシステムをがらりと変えなければ」とか「日本民族だけしか使わない日本語ではどうしょうもない」「小学校では英語以外しゃべらないようにと国語も英語にする」
「アメリカは理系社会、日本は文系社会、文系が金持ちの国は後進国だ」といいたい放題です。
似た者が居ましたね、大橋巨泉とか日本社会で稼ぎ、国外に移り、稼いだ所得は持ち出し日本をボロクソにけなす、
       最も日本人らしくない、いやな元日本人です!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク