はい、キャスパーです!第55弾!

キャスパーです。先日、岡山に行った時のお話。JR岡山駅を北へ、桃太郎
大通りを東に折れて疎水の脇を落ち葉を踏みながら歩いていました。すると
あるお宅の玄関の横に大きな表札がかけてあるのです。「岡山県満鉄会事務局」と。
え?あの満洲鉄道の事務局が?今も活動しているのかしら? 好奇心を抑え切れず
チャイムを押すと、色白で上品な奥様が出てこられました。見ず知らずの者が
いきなり、という失礼にも拘わらず、「主人が今、病気なのでお会いできないの
ですがずっと活動して来ました。満鉄にゆかりのある方々と毎年会うのが楽しみ
でねえ。今、新幹線やリニアとか話題ですけど、満洲の特急あじあ、なんか本当に
すごかったって聞いてます。」引き揚げ時には、ものすごい苦労をなさったのかと
尋ねると「うちは、特攻に行くつもりで早めに内地に帰ってきましたのでそれは
なかったですね。」とお話し下さり、全国満鉄会の会報のバックナンバーを下さい
ました。帰りの新幹線の中でページをめくると、「松岡洋右総裁による陣中見舞が
あって全員に氷砂糖を配布されて感激した」等、現地での思い出がたくさん載って
いました。以前、戦時中の写真集を見た時に驚いたのです。満洲の地で日本がどれ
ほど素晴らしい近代都市を建設していたことか!バス、電車が行きかう繁華街に
アールデコのようなモダンな建造物が立ち並び、大勢の身なりの整った人々が
行き交い、その安定した豊かな雰囲気は現在の日本と変わりがありません。(むしろ
内地の方がまだ遅れていた地域もたくさんあったでしょう)多くの現地人が押し寄せる
ように移住してきたのも、日本がこんな安全で繁栄した街を作ったからこそ、です。
これを「侵略」の1語で切って捨てるなんて許せない。日本人の「歴史知らず」は
罪ですね。次世代のために、もっと近現代史の光の部分を学べる環境を整えたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク