スバルの活躍!

ノーベル賞の日本人受賞や 錦織さんの活躍も3日の「はやぶさ2」の打ち上げ成功も、勿論五輪の日本選手のメダルも深夜のテレビにかじり付くやら、友人のように種子島に打ち上げを見学の為民宿をとり、出かけるのも、日本人として誇らしいからでしょう。
現地での打つ上げの見学者の皆さんが成功の瞬間に感激の涙を流して見えましたが、これは緩やかな愛国心でしょう
日ごろの左翼の人達はこの実況をみてどう感じるのでしょう!
「日本の成功や日本人の活躍を苦々しく思う」とか「失敗すればよかったのに」あるいは「全然関心ありません」
これでは韓国人のネットでの発言とおなじになります。
是非、今度左翼と遭遇したら聞いてみます。

そこで、富士重工の活躍が頼もしい物です。
横綱トヨタの安泰に比べ、日産、ホンダが勢いがありませんが
11月の米国新車販売台数の発表が2日あり

GM        22万
フオード     18
トヨタ       18     
クライスラー   16  
ホンダ       12
日産        10
現代         5万6723    4,2%減
富士重工      4万5273   23.6%増
起亜         4万4936    1.0%減
韓国現代自動車と起亜は同じ系列でありますがスバルが始めてを起亜を抜いたのです。
それもこの勢いでは来年には韓国兄貴分の現代でも抜き去るかもしれません。
今、アメリカでは大変なことが起こっています、スバルの社長にアメリカの販売店主からこんなクレームが殺到してるそうです、「私達は空っぽのショウールームを売っているわけじゃない」と北米では販売店に並べた車を売るのです、
在庫が払底し、展示車まで売れてしまった店は、従業員の自家用車まで展示場に持ち込んでいます。
しかも、客層が弁護士、医師、会計士など所得が高く、走りのよさと安全性の理解者で値引き要求が少ないのです。
欧米市場で主要工業製品は日本企業は韓国企業と競合しており、民主党政権の企業軽視と円高無策で、次々に日本企業のシェアの低下を招いていましたが、遂に逆襲が始まっています!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク