中国と呼ぶ 国は異常です!

小坪 慎也市議より
http://samurai20.jp/2015/01/china-n/
強く拡散推奨です。
世界でCHINAはどう呼ばれているのか。

英語    :China(チャイナ)
オランダ語 :China(ヒーナ)
ドイツ語  :China(キーナ)
ブルトン語 :Sina (シナ)
フランス語 :Chine(シーヌ)
スペイン語 :China(チナ)
ポルトガル語:China(シーナ)
イタリア語 :Cina (チナ)
ラテン語  :Sinae(シーネ)
ギリシャ語 :Κινα (キーナ)

エスペラント語  :Ĉinio(チニヨ);Ĉinujo(チヌヨ);Ĥinujo(ヒヌヨ)
インターリングア語:China(チナ)
ポナ語(トキポナ):Sonko(ソンコ)

スウェーデン語:Kina (キナ)
デンマーク語 :Kina (キナ)
フィンランド語:Kiina(キーナ)
チェコ語   :Čína (チナ)
スロヴェニア語:Kitajska(キタチェスカ)
ルーマニア語 :China(シーナ)
ポーランド語 :Chiny(チーニ)

ロシア語   :Китай(Kitaj、キタイ)
アバザ語   :Китай(Kitaj、キタイ)
カラチャイ・バルカル語:Къытай(Qytaj、キタイ)
カバルド語  :Китай(Kitaj、キタイ)
オセット語  :Китай(Kitaj、キタイ)
チェチェン語 :Китай(Kitaj、キタイ)
クムク語(クミク語):Китай(Kitaj、キタイ)
タバサラン語 :КІитІай(?i?aj、キタイ)

チュバシ語  :Китай(Kitaj、キタイ)
牧地マリ語  :Китай(Kitaj、キタイ)
タタール語  :Кытай(Qıtay、キタイ)
バシュキール語:?ытай(Qytaj、キタイ)

トルコ語   :Çini(チニ)
ザザ語    :Çîn(??? 、チン)
ヘブライ語  :???(Sîn、シーン)
アルメニア語 :????????(Č?inastan、チナスタン)
アゼルバイジャン語:Çin(Чин、チン)
クルド語   :???(Çîn、チン)
赤いクルマンジー語:Çînistan(Чиньстан、チニスタン)
         ;??????? (Çînîstan、チニスタン)
クルド語(ソーラーニー語):???(Çîn、チン)
クルド語(クルマンジー語):Çîn(??? 、チーン)
アラビア語  :????? (a?-?īn、アシーン)
ペルシア語  :??? (Čīn、チーン)
パフラヴィー語:????(Čīnī、チーニー)
ダリ語    :???(Čīn、チーン)
タリシュ語  :Чин(Čin、チン)
パシュトゥー語:??? (Čīn、チン);????(?atāy、ハターイ)、

カザフ語   :?ытай(Qytaj、キタイ)
トゥルクメン語:Hytaý(Хытай、ヒタイ)
ウズベク語  :Xitoy(Хитой、シトイ)Chin(Чин、チン)
カラカルパク語:?ытай(Qytaj、キタイ)
タジク語   :Чин(Čin、チン);???(Čīn、チーン)
       ;Хитой(Ĥitoj、ヒトイ);????(?itôy、ヒトイ)
キルギス語  :Кытай(Kytaj、キタイ)、
アルタイ語  :Кыдат јер(Kydat d’e、キダット・ドゥエ)、Китай(Kitaj、キタイ)
ハカス語   :Китай(Kitaj、キタイ)
トゥバ語   :Кыдат(Kydat、キダット)、

ウイグル語  :?????(Hitay、ヒタイ);?????(Junggo、ジュングゴ)
ネパール語  :???(Tsīn、ツィーン)
ゾンカ語   :??????(rGya.mi、ギャミ)
チベット語  :??????(rGya.nag、ギャナグ);??????? (Kru?.go、クルンゴ)
       ;???????(Kru?.hwa、クルンフワ)
モンゴル語  :Хятад(Ĥjatad:ヒアタッド)
       ;Дундад улс(Dundad uls、ドゥンダッド・ウルス)

ウルドゥー語 :???(Čīn、チーン)
パンジャブ語 :???(Čīn、チーン)
ヒンディー語 :???(Cīn、チーン)
サンスクリット:???(シナ)
シンド語   :???(Čīn、チーン)
グジャラート語:???(Čīn、チーン)
カンナダ語  :???(Čīna、チーナ)
マラヤーラム語:???(Čaina、チャイナ)
テルグ語   :????(Čainā、チャイナー)
シンハラ語  :????(Čīnaya、チーナヤ)
タミル語 インド、スリランカ、マレーシアほか ???? (Čī?ā)
ディビヒ語  :??????(Ča’inā、チャイナー)
ベンガル語  :???(Čīn、チーン)、

ビルマ語   :?????(Tá?ou?、タヨウ)
タイ語    :???(Čīn、チーン)
ラオ語    :???(Čīn、チーン)
クメール語  :???(Čin、チン)
マレー語   :Tiongkok(ティオングコック);Cina(チナ)
インドネシア語:Cina(チナ);Tiongkok(ティオングコック)
ジャワ語   :Cina(チナ)
ベトナム語  :Trung qu?c(トゥルング・コック)
タガログ語  :Tsina(ツィーナ)

多くの国がシナの発音から来ているように思いますが、西側諸国を中心としているようにも思えます。
断定して論じるほどには歴史に詳しくないため紹介にとどめますが
これは秦「しん」の発音から来ているという指摘もあります。

実際、東欧諸国だと異なる発音になっていきます。
大陸ごと、民族ごとに、伝言ゲームのようにズレていったのかもしれないし、異なる語源もあるのかもしれません。

これらの情報を並べて俯瞰することで、「シナ」という発音が、世界標準であることを知ると共に、発信することに大きな意味があると考えます。
ただ、世界地図を片手に、遥かな距離に思いを馳せ、遠く思いを飛ばしてみるのも素敵なことかもしれませんね。
正しい資料と認識こそが、日本を変えるのだと考えますし、それを政治家が発信することに意味があると考えるからです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク