キャスパーです!

キャスパーです。「映像の世紀」(NHKですが)の中で、戦前の
日系移民排斥の様子を扱っている部分を見ました。カリフォルニア
の米人たちが「日本人移民排斥連盟」を組織して次のような陳情書
を連邦政府に出しております。
「~日本人の移民は祖国の生活を守り、天皇への忠誠を誓い続け
アメリカ国家に忠誠をつくそうとしない。日本人移民はアメリカに
同化することができない。アメリカ生まれの者でさえアメリカ市民
としての義務をはたそうとはしない。アメリカにとって危険な存在
なのだ。このような外国人が異常な程たくさんの子供を生んでいる。
勤勉で低い生活水準に耐え、楽しみにお金をかける事もなく長時間
働く意欲があり、お互いに助け合い団結するその姿は異常な程である。
日本人はアメリカ大陸に大和民族を繁栄させようとしている~」
これを見てちょっと微笑んでしまいました。日本人の美徳をよく
ご存知でいらっしゃる。逆に言えばアメリカ人は「働くのが好きでは
ないが高い生活水準を求め、楽しみにお金を使い、助け合うことは
なく、個人主義でまとまらない」国民だと告白しているようなもの
ですね。そしてこれは今の白人社会でも変わりませんよ。
ヨーロッパでは、労働時間に厳しくバケーション追求なので、先生
たちもすぐ帰ってしまい部活動など考えられないそうです。
伝統的に労働を厭い、嫌な仕事は移民にやらせたため今の惨状を招いて
しまいました。「仕事」に対する愛着や達成感など理解できないので
しょう。私たちにとって「今日みんなで協力すれば、週末までに
終われるからやってしまいましょう」や「○さんのお宅にご不幸が
あったので、代わりに会議に出てあげよう」など日常的ではありま
せんか。こういった積み重ねが国民的成果になっていると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アメリカ人が日本人を忌避したわけは。日本人が媚を売らずに、また正しいことを主張して、しかもごまかさず、我慢して、もみてもせずに、生きる道徳があることです。
 つまりプライドがあることで、プライドが欧米人と同じだということです、この点支那人はもみ手で、欧米人の奴隷のような行動を当然としていたがために、アメリカにおいて、支那人は亜米利加人にとっていいひととなった。この事実を忘れてはならない。
 これは今も同じで、従軍慰安婦問題において、アメリカの教科書会社が変更を拒否するわけはそこにある。
 このことを忘れてはならない。
 それよりも安倍政権はイスラムのテロより、北朝鮮の拉致というテロの力を注げ。それ以外はする必要はない。あれはわが国国内で起きているぞ。馬鹿なことに金を使うな。
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク