在特会も代わりますね!

トップが替われば代わりますね、在日特権も消滅寸前ですし、ザイトクも代わります
さあ、在日の人の立場はどうなるのでしょう?

八木会長からです!
2015年1月22日(木曜日)

ヘイトスピーチ問題研究会を立ち上げました

 在特会会員の皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。本年は在特会にとって大きな変化を迎える年となると思います。会員の皆様には自覚していただき、在日特権廃止に向けて一人一人が尽力していただきたいと思います。

 その変化の第一弾として、本日より韓国での在外邦人住民登録が始まりました。これまで宙ぶらりんの存在であった在日韓国人の権利が彼等の祖国によって保障されるという事で、我々も歓迎すべきだと思います。現在、日本で行われている在留カードへの切り替えが完了すれば在日韓国人の身元がはっきりし、彼等の身分保障へと繋がるため、在日韓国人の地位向上という意味においても皆さん、歓迎しているものと思われます。ただ、中にはそれを歓迎しない人がいる事も事実です。特にこれまで日本政府にも韓国政府にも税金(相続税等)を払ってこなかった人達は、身元が確定するとその分を利子付きで韓国政府から請求される事になるでしょう。年利5%の最長70年間の複利計算の結果を考えれば、駅前の一等地を相続しながら税務申告してこなかった在日韓国人がどれだけ恐ろしい目に遭うのか、想像していただけるかと思います。在日韓国人の住民登録と在留カードへの切り替えは後戻りできないところまで進みました。税金を払ってこなかったという在日韓国人はごくごく一部のはずなので、そんな一部の不逞な輩のために多くの真面目な在日韓国人が犠牲になる必要はありません。どんどん進めて彼等の韓国人としての権利と義務を享受できるようにするべきだと思います。

 そんな訳で、本年一発目の活動は韓国大使館への情報提供といたします。まだ住民登録の事を知らない在日韓国人の事、知っていても逃げ回っている在日韓国人の事、何でも良いので本国に知らせてあげましょう。在特会としては、朝鮮学校における韓国籍の情報を提供しようと思います。皆様もご存知の通り、朝鮮学校には韓国籍の人も通っております。当然、そこの教師や朝鮮籍の就学者とも交友関係があると思われます。という事は、朝鮮学校に通っていた韓国籍の人が兵役に就いた時、韓国軍の機密情報が北朝鮮へと筒抜けになる可能性が高いと言えます。事実、京都朝鮮学校との裁判では、韓国籍の証人が朝鮮学校側に立って証言をしておりました。その証言録を読めば、私の言っている事も嘘じゃない事が分かっていただけると思います。韓国軍の機密情報漏洩だけで終わればそれでも良いのかもしれませんが、同盟関係にある米国軍や日本の自衛隊の情報も漏れるかもしれません。そうさせないためにも、我々の持っている情報を提供し、注意喚起をいたします。今週末の活動、皆様もふるってご参加下さい。

 本日、在特会公式チャンネルからヘイトスピーチ講座の動画を公開いたしました。有料ではありますが、皆様にはヘイトスピーチについて学んでいただき、不敬罪復活運動に繋げていきたいと思います。どのような動画なのか知りたい方は無料のダイジェスト版をご覧になって下さい。そして、ヘイトスピーチ問題研究会を立ち上げました。これはしっかりした組織という訳では無く、不敬罪復活運動に参加してくれそうな保守系団体に声をかけ、ヘイトスピーチの問題とは何かを一緒に学び、不敬罪復活のための論理構成を共有しようというものです。そのためにこのヘイトスピーチ講座の動画を利用します。この動画の作製に先立って、先週、1月15日に維新の党の本部に行きまして、要望書を提出してきました。維新の党には在日特権の廃止と、尊王攘夷の精神を党名にしたその気概に恥じぬようにヘイトスピーチ対策として不敬罪を復活するように要請しました。突然の訪問にもかかわらず、快く迎えていただきました維新の党の職員の方に感謝申し上げます。

 最後に、連絡事項です。イスラム国のテロ事件は、平和ボケした日本人の目を覚ますものと思われます。私が会長になってから在特会はおとなしくしておりましたが、こういう時に言うべき事は言わなければなりません。日本国内の反日勢力は、平和のための人道支援というものが気に入らないようです。左翼の本性が現れているのではないかと思います。おとなしくするのも変化であり、元に戻すのも変化であります。皆様、今何をすべきなのかを一人一人が考え、各支部の運営に提案して下さい。自分ができる事、周囲の人を巻き込んでやるべき事、色々と考えて下さい。テロ支援する反日左翼の言いたい放題はそろそろやめにしなければなりません。

平成27年1月22日

在日特権を許さない市民の会

会長 八木康洋

http://www.zaitokukai.info/modules/wordpress/index.php?p=575
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク