帰化宣誓のアメリカと日本の違い!

アメリカ合衆国市民となる移民は7月4日独立記念日の帰化セレモニーや帰化宣誓セレモニーと呼ばれる宣誓式に出席し、すべての移民はその場で「忠誠の誓い」と呼ばれるアメリカ合衆国に対して忠誠を誓う宣誓を行います。


忠誠の誓い(Oath of Allegiance )

アメリカ合衆国憲法への忠誠の誓い
以前保持したすべての外国への忠誠の放棄の誓い
国内外の敵からアメリカ合衆国憲法を守る誓い
法律が定めた場合、兵役に従事する約束
国家の大事の際、法律が定めた市民としての義務を果たす約束
自由意思による密入国にもかかわらず強制連行されたと70年も糾弾され続けていると、つい忘れてしまいがちですが、自分を受け入れてくれた人たちや国家に忠誠の誓いを立てるのは当然です。帰化するということは、そういうことだと思います。
ちなみに日本は、↓↓これに日付と氏名を記入して、帰化の宣誓終了です。

宣誓書

私は日本国憲法と法令を守り、定められた義務を履行し、善良な国民となることを誓います。


韓国でさえ帰化審査で国歌を歌わせるというのに、日本ときたら…
帰化してからも反日を続けるとは・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク