四日市駅ウラ嫌韓祭!

16日行われた在特三重主催の街宣では20人が集まり、各弁士が韓国のあきれ果てる行状を四日市市民の皆さんに訴えられました。
駅ウラを勘違いしたカウンターが10人ほど駆けつけ、品の無い野次を飛ばしておりましたが、この東海地方の特質として過激な言葉や乱暴な言い方は顰蹙を買うのです。
応援に駆けつけてもらったようです、盛り上がります!
それゆえ、こちらの街宣ではヘイトスピーチは行われておりません。名古屋市議会では「ヘイト規制の意見書」を昨年10月全国の自治体で2番目の早さで可決されましたが、市議会の提出会派にお尋ねしたところ、「名古屋では1度もヘイトスピーチは行われていません、また被害も聞いたことがありません」と返事を頂いた。
慎重で、物静かな保守系の多い地盤ですから、過激な言動は浮いてしまいます。
そこで、それを踏まえたうえで韓国に対する連日に及ぶ次々に飛び込んでくる反日のニュースを各弁士の方々は、通行される市民の方々に訴えていただきました。
その後、名古屋にて八木在特会長に話を聞く機会があり、
名古屋はパチンコ問題を重きに置くことなり、
「ザイトクは○○が廃止になれば即解散します」と宣言が有りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク