集団的自衛権はとっくの昔に認められていた!

---------
共産党とその界隈が「安倍はポツダム宣言を読んでない」とか広げてますが、
「つまびらかには読んでいない」というだけで内容は知っているでしょう。

詳しく読んでいないという「詳しく」の部分を切り取って
「読んでいない」と広げるのは
2009年のときの徹底的な揚げ足取りによる麻生叩きと同じレベルのものですね。

そしてサンフランシスコ講和条約(以下SF条約)により上書きされているので
SF条約を基準にして話をしなければならないのですが、
志位和夫ら日本共産党の連中やサヨクが触れようとしない理由を
あらためてSF条約を見直して考えてみました。

SF条約の第5条のCが以下。
-----
連合国としては、日本国が主権国として国際連合憲章第五十一条に掲げる個別的又は集団的自衛の固有の権利を有すること及び日本国が集団的安全保障取極を自発的に締結することができることを承認する。
-----
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/B-S38-P2-79...

SF条約でようやく終戦を迎える事ができたのに
それについて連中が全く触れようとしない理由はこれかもしれませんね。

反日野党の連中がごねまくっている集団的自衛権だのなんだの
SF条約の時点で話が片付いてます。

これを否定するのであればSF条約を否定するしかありませんし、
そもそも日本国憲法では集団的自衛権行使は認められていないとかいうのも
解釈の一つでしかないですからね。

「ポツダム宣言で日本は世界征服を企図し侵略したと書いてあるんだからそれを受け入れたということは日本が侵略国だと認めたんだ。やーいやーい」

というのが志位和夫とかいう共産党の貴族が党首討論で行った主張なわけですが、
藪をつついてずいぶん大きな蛇を出したもんです。

SF条約締結後に日本の戦犯は赦免されていって
昭和35年までには戦犯なぞ消滅しているわけでして、
朝日や毎日などの反日メディアやそれの受け売りを繰り返しているサヨク連中が
こうした中身を全く読んでいないと言ってよいかと思います。

そして朝日新聞をソースとして反日活動を展開してきた特定アジアは
さらにこうした内容を知らないと言ってよいかと思います。

そのため、朝日のいつもの「ドイツを見習って賠償しろ謝罪しろ」を
特亜は繰り返すのみならず、
対日政治圧力に利用しようと習近平がドイツ訪問の際に
ベルリンのホロコースト記念碑訪問をしようと提案しました。

しかしながら、「あれはナチスがやったから俺達関係無い」として
戦後処理から逃げ続けて来たドイツは
余計な事を欧州に対して宣伝されることになりかねないため
ドイツ政府が習近平のこの提案を即座に断っています。

「ドイツを見習え」と繰り返し記事を書き続けてきた朝日新聞を鵜呑みにして
日本と違って戦後補償の話をあの手この手で誤魔化してきたドイツにとって
戦後補償の話を蒸し返されたくないという事すら事前に調べていなかったわけです。

中国共産党の中の人達の人数を考えたら誰かチェックしてろよという話です。
ろくに取材もせずに平気で捏造記事を書いたり、
中国共産党の都合に合わせて捏造記事を書いてきた朝日新聞を
中国共産党自身が鵜呑みにしていたのですから実に笑える話です。

当然ながら慰安婦強制連行なんて言っている韓国は
そもそもその根拠とする証拠が朝日新聞の記事と河野談話
という状態ですからもっと話になりません。

さて、SF条約を否定するのか、それとも肯定するのか?
日本共産党に聞いてみたいと思います。

否定するのであればそもそも戦後体制そのものを受け入れないことになりますし、
肯定するのであれば集団的自衛権について認められているという事を
きちんと認めてもらいましょう。

そんなことも返事できないんですか?
共産党さんはこんなに不勉強なのに偉そうに今まで何を言ってたんですか?
税金の無駄ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク