昨日は1勝1敗でした!

昨年の8月末、名古屋・栄で街宣終了後、もちのき広場にて中京テレブ放送主催の「24時間テレビ」の屋外イベントにて、パチンコホール・某グループのブースにて畳大の大型模擬パチンコ機を3台並べて子供たちに「大当たり」の刺激を与えて博打に洗脳していました。

多数の親子連れが列を作り、順番を待つ始末でした。
早速皆さんの抗議が行われました。

当局にもお尋ね致しましたが「、広告規制には店外展示規制はありません、ゲーセン内のパチンコ台と同じ扱いです」

ーこれが許されるなら、お祭り、盆踊りなどあらゆる屋外イベントで子供たちにパチンコの刺激を与え、博打へ誘うことになりますよ、本庁からの通知(通達)では脱法的な広告を注意と言われていますが、この法の精神に触れませんか?

翌日、中京テレビの事業部のMi部長に お話しましたところ

こんなイベントは貴社の理念や倫理に反しませんか?

「私にも子供がおり、良くないと感じます、営業部との兼ね合いがありますが、来年は考慮できると思います」

以上は昨年のいきさつです。

本日、中京テレビM部長から電話がありました。

「今年も8月に「24時間テレビ」のイベント開催親します、役員を交えた会議で「パチンコのブース」はいたしません、多数の方のご指摘や教師の方からの批判もあり、決定しました、ご報告させていただきます」

と言うことで、ささやかな1勝です。

1敗のほうですが、

6月6日の開催のイベント、「あいち平和映画祭2015」に愛知県・名古屋市が「後援」をつけている件です。

この映画祭の中心が「圧殺の海ー辺野古」で映画内容が「安倍韓権が集団的自衛権閣議決定し、辺野古の海ではカヌーで漕ぎ出す民衆を機動隊、海上保安官の常軌を逸した暴力で押さえ込み・・・・」

このように公務員の業務を、同じ公務員の県や市が批判する映画に応援をするのです。

返事が来ました、

「あくまでも、市文化芸術課、県文化振興室としては映画祭への「後援」であり、映画の内容には立ち入りません」。

ーそれではどんな内容の映画であっても【映画祭」なら後援されますか?

「申請書、企画書を出していただければ・・・」

こうなれば、 企画しましょうか

 【 あいち愛国映画祭2015 】 

   1  従軍慰安婦は売春婦  2  うそまみれの韓国  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やっと勝てた

この一つの勝利こそ国民の健全に繋がります。
そもそも24時間テレビなんて毎年つまらなくて見ませんけど。
大手メーカーさんのパチンコを使い子供に遊ばせる、哀れにも程があるのです、遅かれ企画オジャンを心からお祝いします。
さらなる衰退あるのみのこの業界に公の祭りに出るまでもないでしょう。
でも戦いはまだ終わらないです。
勢いを付けて反日を衰退しましょう。
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク