次世代の党・新中山党首街宣!

昨日、選出されたばかりの中山恭子新党首が早速、名古屋駅東で日本での初街宣を行われました。
和田政宗幹事長を伴い街宣車の上から呼びかけられました。

最優先課題が「拉致問題の解決」です。

中山さんのおっとりした語り口と和田さんの、さすが元NHKアナの声質のよさと、よどみない演説ですから、党勢拡大は間違いないでしょう。

心配された雨も上がり、お集まりいただいた15名のスタッフの皆さん、びら配り、ノボりもちと協力頂き、見栄えの良い大型街宣になりました。

妨害ガ無い街宣が、こんなに清々しいものかと、2年ぶりに味わいました。
女性のスタッフの方たちも安心してビラの配布をされていました。

次世代の党はよき政策をもち、各議員さんが国会で素晴らしい質問をぶつけて見えましたが、残念ながら、いまは見えません。
愛知県には確りした後援する組織がありません、せめて立ち上がるまで愛国倶楽部がお手伝いさせていただきます。

是非、復活を期待しております。

ご参加の皆さんに感謝申し上げます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一言

私は御存知のように在日外国人、もしかすると政治活動を致しかねそうなのかも知れないと言うのは愛国倶楽部さんをもとに知りました、確か一昨年ごろ。
なので口出しや首を突っ込むつもりありません。

一言

記事とはもしかすると無関係なのかも知れません、余談混じりのように。 だからと言って火の粉とは程遠く平凡に述べていますので。
実はわたし御親切に恵まれたのかも知れないと言う事ですけれどもあるブログ様に寄らせて頂いていると言う事なんですね、もしかするとどなたのお持ち物なのか既に御存知なのかも知れません。
いまテーマのようにさせて頂いたのかも知れないものへは寄り方のつもりこそやや(こちら様と鈴木さんのものとは違って)変わって来るのかも知れません、御親切に恵まれたおかげ様のように感じておりますので。
お話によりますとどうも(当人様御自身)法律に従おうとなさる側なのにも拘らず、従わない側がもしかすると従おうとなさる側に対し的外れな事に偉そうになさっているのかも知れないと、そのように伺ったのかも知れません。
それは当人様からじかに伺ったと言う事ではなくて他の人から、ええ。
分けたいと思います、長くなりそうですので。 続きます。

一言 続編

それでですね、私はそのブログ主さまの両手に甘えさせて頂くようにしながら日々を過ごせているのかも知れないと言う事ですけれどもこれね、その人と私とが機会と共に何気なく(ブログ様を通し)お付き合いさせて頂いていると言う事であってどなたかに故意に見せつけようとして日々を過ごしていると言う事ではないんですね、おわかりですか。
なので(そうではなさそうなのかも知れないと言う事でしたらともかくとしまして)もしもそれにつきましてね、愛国倶楽部さんが逐一のごとくお目を向けながら過干渉気味のようにその人に対し指図なさって来ると言う事でしたらね、それ辞めて頂けますか。
見せつけようとしているわけではなくて何気なく平凡にしているのかも知れないと言う事なんですね、ええ。
もしも「違う」と言う事でしたらそれがよろしいと、やはり。 そのように考えているのかも知れません。
私に対してたとえあなたがた愛国倶楽部さんが何をどのようになさって来たとしましても別に構いません。
ただ私以外のどなたかに対し的外れな事はなさらないほうが良いと思います、おひとつそのようにお考えに。
欄をおいくつかほど、ではまたの機会と共に。

No title

>焼きりんごさんへ

何がいいたいかわからんぞ。分裂病かなあと思う。
在日朝鮮人のわが国国内における位置は分裂病を起こしやすい位置にあると推測する、これには同情しますが、その解決を他に求めてはおそらく無理で、それを解決する道は、いろいろあるでしょうけれども、あくまでこの日本(一民族一国家という条件)の下で、見つけるしかないと私は思う。
 多民族国家(?)は日韓併合で、無理だとわかり、反省したから、もうそれはしない。この事実に日本人も在日朝鮮人、在日外国人も向き合うことです。
 この考えは第二次世界大戦前のひとつの理想でした。
現代のグローバル化の時代には難しいものがあるがすでにヨーロッパは移民を廃止しようとしている。この事実はおおきい。
 我々日本人はなんと言われようと一民族一国家としての日本における、外国人を考えているのであって、多民族国家として、また南北アメリカのような移民国家として考えているのではない。南北アメリカにいた原住民は今どうなっている。在日朝鮮人の主張は日本人に南北アメリカの原住民のようになれといっているに過ぎない。
 もう少し真剣に在日外国人はわが国日本に住むということの意味を考えることで、これは逆に外国人が日本に住むということに身を日本人が考えることで、そのことの落差を酔う知る人々に現場の警察官がいる。県警本部長は現場の警察官のいけんをよくきき、政府の方針と違うときは、政府の方針に対して現場の意見を主張せよ。大体愛知県警本部長は確か豊橋での事件で、大味噌を付けているから、現場の警察官を大切にする義務があるぞ。帳尻が合わないではないか?終戦直後からの朝鮮人の行動を戦後の反省として学校教育で教えよ、愛知県教育委員会は副読本をつくって、教えよ。それができないようでは<命を大切に>というようないい加減なことを教えるな。もちろんそときのアメリカ軍兵士の行動も教えよ。戦争に負けるということは何が起きるかという事例として教えよ。それができて初めてわが国の教育はよみがえるでしょう。焼きりんごさんも年寄りに聞けよ。
 それと知り合いが言うには、特別在留資格が親から子供に伝わるということは憲法違反だという。彼は簡単に<親が教師の資格を持つなら子供の自動的の持つか?違うだろ。この資格を作るとき内閣法制局は憲法違反だという義務があったが、やつらは調子のいいときだk憲法違反というだけで、内実は自分たちの利権をというより権威のみを考えているに過ぎない。だから誰かがこの特別在留資格を憲法違反だと歌えれば最高裁は多分困るぞ。どこが困るかは言わないけれども、それは教えたくないのではなく、難しい問題が背後に生じて、その説明にはおぬしには基礎知識が書けるから無理だ>と
 ところで天皇陛下が靖国神社に参拝されないわけを私は次のように推測している。三木武夫(くず政治家)が靖国神社参拝に私人としていたと答弁した。これでもて総理大臣が私人としていくと明言した以上、憲法上の条文からは天皇陛下は靖国神社へは私人としていくことになり、それでは天皇陛下は私情で靖国神社へ行くことになる。近所の神社には参拝しないで、靖国だけにいくということは近代法理論を憲法学者以上に知悉されておられた昭和天皇は、参拝(実は御親拝が多分正しい)されることはない。大相撲においてひいきのお相撲さんはと聞かれたときのご返事を見れば十分でしょう。靖国神社は国事行為としていくことにのみ意味があるからです。
 さて、いわゆる富田メモだがあれは偽だと思う、昭和天皇なら決して発言されない内容について述べているからです。ただA級戦犯を祭ることは外交的にまずいとは思われていたと思う。それが理解できなかったのが松平宮司でしょう。いずれは祭ることになるがという態度がいちばんよかったが、それでも国内に不満は残る。国難を招いた人々だからです。仮に裁判がなかったなら別のことで裁かれただろうか。おそらくそれは日本人としてはない。東電の事故に対して。東電の歴代の人々への事実にもとずいた追求がされていないことを見れば十分でしょう。
 もうひとついわゆる、寺崎ヒデナリの昭和天皇独白録も中に偽造が有ると私は見ている、昭和天皇の日ごろの行動から見ると発言されないことがあるからです。もともとこの男は対米通告が何故遅れたかを知っているにもかかわらず、それを言わすに多分口止めとして事務次官までなっているに過ぎない。昭和天皇がアメリカへ訪米されたとき、たしか妻であるアメリカ人女性は招待されていないはずです。
 いずれにしても焼きりんごさんはもう少し腹の中でおもっていることを書いていただきたい。

一言 返信

何を書いているのかがわからないのはあなたのほうですよ、もう少しわかりやすく簡潔に書けるべきだったわ。
ってか、実のところ途中から読んでいません。 読む気にさえならないわ、そんなものを真面目に読む人なんていないでしょう、ムダに長ったらしい。
頭の良い人なら結果なんて違ったのかも知れないと、だってわかりやすくお書きに。
相手が読む気にさえならないものなんて記さなきゃ良かった。 まあ、まとめましたらこんなものでしょうかね、ええ。
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク