大村知事は県税を浪費するなかれ !


杉田謙一塾長のブログより
転載させていただきます。

2015.11.02
大村知事は県税を浪費するなかれ



なんとこんな記事が

中日新聞に。


 愛知県は来月、韓国最大の自治体で産業先進地域である京畿道(キョンギド)と「友好交流・相互協力」の関係を結ぶことを決めた。大村秀章知事が京畿道庁を訪問し、覚書を交わす。県と韓国の自治体の連携は初めて。

京畿道はソウル特別市に隣接し、人口千二百三十四万人と韓国で最多、域内総生産も二千二百二億ドル(二〇一一年)とソウルに次ぐ。

世界的な電子機器メーカー、サムスン電子の本社があるなど韓国のモノづくりの中心であることから、製造品出荷額が日本一である県との共通点もある。

県内からは日本特殊陶業、デンソーなど十五社が進出している。

県と京畿道は経済、観光、文化、人材育成などの分野で連携と協力を進めるほか、民間交流も促進する。

県は現在、オーストラリア・ビクトリア州、中国江蘇省とはハイレベルの「友好提携」、タイ・バンコク、 中国広東省とは京畿道と同様の「友好交流・相互協力」の関係を結んでいる。

すぐさま、県の秘書課に電話して抗議した。
なぜに慰安婦問題を捏造し、慰安婦捏造資料をユネスコに登録までしようとしている韓国を支援するのか。

屈辱外交もいい加減にせよと。

秘書課は責任回避。国際課から説明をしますからの一点張り。
秘書課の中村さんという方につながる。全く改めようとしない韓国にこびへつらうには、何らかのコンタクトがあったのか。

県民の意見を無視して結ぶにはむこうから何かしらの改善メッセージが届いたのか。
県民が納得する根拠を説明をされたしと、要請。

しかし、50年の節目だからとの回答のみ。意図は、知事が議会にて必要に応じて説明するので個別に回答は出来ないとの返事。

国際交流課が進めた政策と聞くがそうならであるなら責任者が責任ある説明を文書にて公開すべきと主張するも「意見として聞きます」のみで回答無し。

慰安婦問題などで民間や県がすりよるが如き対応は全く好ましくない。向こうが改心する兆しすらない段階で県税を絶対に使うべきでないと強く伝えておいた。

全く情けない知事である
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク