【松井大将を巡る旅といえるほどのモノでもない旅 ①】

ユネスコの世界記憶遺産に南京事件が登録されてしまってからというもの、
何やら落ち着かない空気を感じる今日この頃です。

南京戦を指揮した松井大将、名古屋のご出身とあり、そのせいなのかただ単に仕事熱心であられたのか
至る所に松井大将が揮毫された忠魂碑、石碑などがあるわあるわ。

現時点で知り得る限りの場所をまわり、撮影してきましたが(ただのスマホですが!)現地へ行くたび、
考えさせられーの、泣かせられーの、感動させられーの、腹たてーのと何ともまぁ貴重な体験をさせて
頂いたので、それをご報告するにあたり皆さまの松井大将に対するご興味が少しでも深まれば良いな
と思います。悪者として描かれたりしますが、全然違うということを知っていただき、もっともっと親しんで
もらえますように。

さてまずは私ども、椿神明社に行って参りました。
名古屋駅の裏、いわゆる駅西で、旧牧野町(牧野村)が松井大将の地元だそうです。名古屋民の
男性なら、ほぼご存じだと思われる”あの”赤ひげ薬局のナナメ向いに椿神明社はあります。

ええええ、ここが赤ひげ!?と不道徳で生暖かい笑いを浮かべつつ、目的はナナメの神社です。
・・・何これ。治安上なのか何なのか、鉄柵が張り巡らせてある。
手を清めるアレとか、石碑とか、鉄柵の中なので近づけない。
「ご用の方はボタンを押してください」とチャイムのようなものがあったので押すが音沙汰無し。
・・・当然だわ、コード切れとるもん!

仕方ないので近隣の商店で聞き込みしたら、寿司屋さんが管理してるという話。
寿司屋さんに突撃するも、有用な手掛かりは得られない。ただ1つのネタは(いや寿司ネタじゃなく)、
少し前まで鉄柵の石碑あたりの所に中日新聞の切り抜きが貼ってあったと。
松井大将揮毫の由来が云々、と書かれた記事らしいが
『中国や韓国の方々がね、ほら・・・ねぇ・・アレでしょ。だから撤去しようって』ということらしい。

ほら・・ねぇ・・アレでしょ、で分かるのが日本らしくて笑えたけれど、同時に腹も立ちました。
小さな神社の、これまた小さな新聞記事の切り抜きごときまで配慮・配慮の嵐ですか。
それもまた日本らしいといえばそうなのですけどね。

神社に戻って石碑を見ると、かすかに「・・京入城」 のような文字が見えました。
南京入城。。。これですね、と思い写真とりまくり。暗くてキレイに見えないかもしれないと思いつつ
角度を変えながら何枚か。

・・・ん?と気づくと、南京の石碑から2~3mほど離れた隣にまた「松井」の文字の石碑発見。
「大津武五郎直行君頌徳碑」とありました。これも松井大将の揮毫によるもの。

大津武五郎直行・・君? あえて「君」付けするのが頌徳碑ってやつのデフォ?
それとも君までが名前? 大津武五郎直行君さんってこと?まさか(大笑) と
不勉強ゆえの数々の疑問をもちつつ椿神明社を後にしました。

南京の碑を建立したのは地元の有力者、恒川氏であり松井大将の幼馴染です。
松井大将の揮毫、皇紀2600年モノが多い中、この石碑はその1年前の昭和14年、
皇紀2599年であります。幼馴染がヒーローになり、世の中が沸いている様を見て
これはもう地元として石碑建てるしかないよね!という成り行きだったと思われます(ただの妄想)。

そして松井大将はその後、極東国際軍事裁判(東京裁判)で戦犯となってしまい、
この石碑がどうなったかというと、近くの池に沈められたそうです。

1.戦犯と関わりになることを人々が恐れたため
2.GHQに見つかるとヤバいので、隠すために池ドボン

色んな見方があるようです。私は、きっと2番であると信じたいですが。
1はおそらく中日新聞の見解です。なら尚更2番!2番一択!
そして年月がすぎ、ほとぼりが冷めた頃に碑は引き上げられ今の場所に安置されていると。

神社の立地上、人通りはあります。私どもが境内をウロウロしている間も数人の参拝客が
いらっしゃいました。若い女の子2人組に声をかけると、初めて来たという。
歩いてたら神社があったから入ってみたと。パンパンと柏手を打って、何をお願いしたのか
松井大将も見てらっしゃったでしょうね。
豊宇気比売命(とようけひめのみこと)を祀るこの神社、どうか彼女らが幸せでありますように。

後日、杉田謙一先生のブログに石碑(南京の方)の碑文が掲載されていたので
ラッキー!!と大喜びし、「色々とパクらせてください」と連絡を入れ完了。
他の石根@忠魂碑の場所もいくつか紹介して下さっていたので、それも併せて。
(碑文は、杉田先生のブログからの転載として当ブログにありますよ↓↓)

こうして松井大将巡りの旅が始まったのです。

※ちなみに頌徳碑の方、「大津武五郎直行」という人、千種区出身の尾張藩士だそうです。
 直行君とは、直行くん でした。・・・当然ですよね、うん(///)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク