これからも、パチンコは日本を食いつぶします!

四日市パチンコ廃止街宣に参加の皆さんお疲れさまでした!

50名の参加者の方々が市内をデモ行進され、反パチンコ を訴えられました!

カウンター側5名でした。

11月からパチンコ機が釘の調整が一切できない、新台に切り替えさせられます。

本来、検査機関で認可された台とパチンコホールに納入されていた台が別物であったことが発覚

したためです。

ちょうど、独ワーゲン車がディーゼル車で検査を通過した車と、市販した車の検査をご

まかしていたケースと同じ悪質さです。

300万のパチンコ台すべて違法で交換と

都内では、等価交換の禁止まで加わり

パチンコ人口の減少のトレンドは加速するでしょう。

ところが、  これらで、安心していても、

ワルは悪知恵がいくらでも出てきます!

もう、こうなれば日本人の低所得者の依存症から

巻き上げなくても、

敵は、もう次の手を打っています!

若者からがダメなら、高齢老人から巻き上げろ!

新しい、老人のパチンコ依存症が大量に登場ます、しかも日本人の税金を巻き上げろ!と

愛知にもパチンコ依存症の練習になる介護施設、ディサービス登場

11月1日名古屋市が指定認可されました。

自宅で生活する人を手助けする介護保険サービスを利用して、

週に1~3日ほど、ショートステイと言って介護施設に通う。

この施設ではパチンコ・麻雀・カジノなどを利用してリハビリーに役立てると名目で

ここでは、お金・物品の交換禁止ですが点数制やカードにして、いくらでも出るでしょう。

翌日、自宅にヘルパーさんや娘さんが掃除洗濯に来れば、依存症はまった親は、「近所のパチンコ屋に連れていけ」と

泣き叫ぶ、「金は私のかねだ、好きなものに使わせてくれ」と言われて

いやいや、近くのパチンコホールに行くが3~5万取られても、

ちーとも、気にしません、半分認知ですから

もう、現実に多数の実害が出て大騒ぎになっています!

愛知では今後、続々とパチンコ付き介護施設が登場してまいります!

結託したケァマネジャーが、「この方にはこのゲーム付き介護施設が

リハビリーにいいでしょう」と勧めることが予想され、

この費用の9割が公費負担・1割が自己負担で財政は破綻するのは必定です。

良いんですか?    

急激に拡がる【カジノ型】と呼ばれる介護予防施設!、

ギャンブル依存症製造施設!

これで、日本の財政はパンクします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク