中国の「国防動員法」の恐ろしすすぎる件!

我が国で、ある程度同化して生活を送る中国人であるが…

今後万一てあるが、尖閣・沖縄、南シナ海等で日中有事となったら
恐ろしいことにその約100万人の大半が、戦闘員として日本人と戦わなければ
ならないことを大半の日本人には知らされていないということである。

これが〝中国国防動員法〟である!

この事実を以下の数少ない保守新聞〝産経〟が、昨年春に報じている。

  ↓   ↓   ↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〝〝国防動員法の恐ろしさ〟
法の上位に君臨する中国共産党の凶暴性が憑依したつもりで、
法文・法理も「共産党好み」にウラ読みしなければ、
国防動員法の恐ろしさは実感できない。

法律は、情勢次第で、観光客も、留学生も、研修生も、
永住者も、日本を含め海外にいる中国人は騒擾・内乱を
起こす侵略の先兵となれと、本国が発する司令を事実上担保する。

中国は平和の祭典・北京五輪を前に、長野市での聖火リレーで、
チベット人大虐殺に対する世界の人々の抗議を嫌い、留学生ら
3000~5000人(1万人説アリ)を大動員。

「聖火護衛」と抗議ムードを薄め歓迎ムードを盛り上げる「サクラ」に仕立てた。

国防動員法施行前の08年でこの動員力。

日本に住む中国人は70万人、

中国人がが善良であろうとなかろうと、

動員は施行後、強制・義務となり、従わねば罰せられる。

中国には親・兄弟が「人質」に捕らえられてもいる。

春節期間中、世界の中華街で鳴り響いた爆竹を爆弾に替えられる法律。
それが国防動員法が持つ裏の顔である。

 法律の目的は《国防建設を強化し、国防動員制度を完全にし、動員業務の順調な
進行を保障し、国家の主権、統一、領土の完全性や安全を守るため=第1条》。

ということは、台湾が《統一》に反して独立を目指すのなら、
法律の発動要件となる。

台湾有事は日本に死活的影響をもたらすが、尖閣諸島(沖縄県石垣市)
はじめ日本に対する直接侵攻もにらんでいる。

《国防勤務を担わなければならない


だが、後段が有る。

次に該当する公民は国防勤務を免除.JPG

____________________________________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 条文に!

2013年11月、駐日中国大使館は在日中国人に

「重大な緊急事態」に備えて

連絡先を登録する旨通達した。


 法律のいう《指定場所》には大使館も含まれる…。

大使館は海外における《潜在》戦力の掌握と、

イザというとき、本国の命に基づき動員命令を

発布する司令塔だと、小欄は観る。

(抜粋終了)

~~~~~~~~~~~~~~~~~
中国大使館が在日中国人たち全員に

連絡先登録を求めた件  by石平氏
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 数年前に日本に帰化した石平氏は、

昨年から下のようにtwitter投稿で中国大使館が

在日中国人たち全員に連絡先登録を求めた件について

お花畑日本人に警鐘を鳴らし続けている

  ↓   ↓   ↓
【石平】
「中国国防動員法」と「観光ビザ規制緩和」
【石平】「中国国防動員法」と「観光ビザ規制緩和」[桜H22/6/29]
【中国人観光客の恐ろしい危険性】
: 中国の指令で騒擾・内乱を起こす侵略の先兵と化す【国防動員法】
**************************************************************
それでは、なぜこのような大事なことを大半のマスメディアが
無視し報ずることがないのであろうか?

報じない自由と言ってしまえばそれだけのことであるが、
1964年に交わされた『日中記者交換協定』により
中国の意に反することが報ぜられなくなったとのことである。

しかし、現在の状況は産経新聞以外?は中国系スパイ+朝鮮系に
乗っ取られたマスメディアだからというのが的中しているのかもしれない。

  ↓   ↓   ↓
**************************************************************
【日中記者交換協定】中国批判禁止】
https://youtu.be/lFnD2cp14V4
【日中記者交換協定】中国批判禁止

***************************************************************
■長野聖火リレー 毎日新聞論説委員が実態を語る
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3201548






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク