自衛隊の皆さんへ感謝申し上げます!

...人命救助とは二次災害の可能性のある危険な任務です。
........災害救助の任務に参加されている全ての方に感謝と敬意を!

。今日のヤフーニュースのトップにこんな短い記事があります。

....自衛隊は、熊本県南阿蘇村で安否不明者の捜索を再開した。 (時事通信) http://news.yahoo.co.jp/pickup/6198725

.....................
......................
....日本人 の多くはお茶の間のテレビで被災地の惨状を見るたびに胸を痛めます。地震によって山が崩れ、家が押しつぶされ、そこに今も埋まっている人がいると思うと、一分一秒でも早く助け出してあげてほしいと願わずにはおられません。

.......................
.......................
....でも、大切なことは「言うはやすし、おこなうは難し」という当然のことを理解することです。捜索は常に「二次災害」に巻き込まれる危険性があります。あなたには、今でも崩れそうになっている泥のかたまりに分け入る勇気がありますか?

........................
自衛隊OBの方からのお手紙(メール)をご紹介します。私は、いつ崩れるか分からない泥山に立ち向かっている自衛隊員、警察官、消防隊員のご苦労を思うと「感謝」以外の感情は思い浮かびません。人命救助は危険をともなう作業であり、ご遺体捜索はつらい仕事です。誰もができる仕事ではありません。

....はじめまして。○○○と申します。元自衛官です。

....自衛官は”ものを言わない”のです。政治的活動も、政治的活動に関与することも自衛隊法で禁止されています。入隊したときから、隊員の発言は、厳しい制約を受けています。長年そういう環境にいるため、発言は、特に部外に対する発言は、当然自己規制的にならざるを得ません。一般の方からの批判や要望に対しては、ほとんど100%受け入れることになるのです。

....東日本では、「こんな状況で自衛隊は赤飯を食べている。非常識ではないか」という一般の方からのクレームがありました。以後、現場で赤飯が支給されることは無くなり、調達も停止されました。トラックの荷台の幌の中で見えないように食事をするのです。何日も缶飯だと口内炎になります。隊員はその予防のため、サプリメント携行するのです。

....いずれにしても、被災者の神経を逆なでしないように最大限の努力をします。また、当時災害派遣の現場に行けない隊員は、罪悪感に苛まれました。国民のために奉仕することが我々の職務なのです。そのために国民の皆様からの税金から給与をいただいているのです。

....このような記事を読むと感謝に耐えません。彼らは、意見を言うこと、意志を表明することはありません。誰かが言ってくれなければ、国民が知ることはないでしょう。ありがとうございます。

....最後に、自衛官が最も欲しているものは何だと思いますか?それは「誇り」です。その裏付けは、もちろん、国民の理解と信頼です。応援しています。


........................

..
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク