サミュエル よりの手紙!

最近、身近にいる大学生諸君に、「日本国憲法」と聞いて何条を連想するか、と尋ねてみた。
9条という回答が多かったけれど、11条、13条、25条、96条、という答もあった。
なぜ9条なのかと尋ねると、平和が重要だから、という答と共に、話題になっているから、というものもあった。日本国憲法は全部で103条ある。その中で、たった一つの条に何故か保守・革新を問わず議論が集中する。日本国憲法→9条だと、若者が条件付けられても仕方がないだろう。
ところで、中には、日本国憲法第9条は集団的自衛権の行使について定められていると思っていた諸君もいた。メディアでは、9条改正と集団的自衛権の行使が渾然となって伝えられているから、混乱したのであろう。
9条を改正して国軍を持つ/改正しないでそのまま、集団的自衛権を行使する/しない、はそれぞれ別個に議論できるもので、よって組み合わせは、2×2=4とおりある。所謂左翼の皆さんは、国軍持たない+集団的自衛権の行使なし、という組み合わせだ。もしこれが可能だったら、どんなに素晴らしいだろう!しかしながら、罪びとたる人間はもはやエデンの園に住んでいるわけではないのだ。だから、9条改正は無理でもせめて集団的自衛権の行使は・・・と言いたいところだろうが、サミュエルはこの組み合わせは反対だ。
この組み合わせは日本にとっては最悪だ。現在の日本は、言葉は悪いが、事実上米国の飼い犬で、その主従関係から抜け出すのには時間がかかりそうだ。無理に逃げ出せば、かえって最悪の事態を招くかもしれない。しかし、飼い犬と言えども、たまにはご主人様の手ぐらい噛みつくぞ・・・という気位の高さが必要だろう。国軍がないまま牙と爪を抜かれ、首輪でつながれて、ご主人様の御用のために遠国まで走る・・・というのが、現在日本の姿なのではないか。我が国自衛隊員の基本的人権はどうなる!
だから、今度こそ日本国憲法第9条改正!といくのかと思ったら、日本政策研究センターの改憲優先順位は、1)緊急事態条項の追加、2)家族保護条項の追加、3)自衛隊の国軍化、なのだそうだ(間違っていたらご指摘ください)。自衛隊国軍化は三番目なのか・・・。これは一体どうしたことなのか、サミュエルなりに考えるところがあるので、次回の手紙で詳細を記したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク