中国が日本の領海に不法侵入!日本国内でも中国人によるテロが心配!

速報!中国が日本の領海に不法侵入!日本国内でも中国人によるテロが心配!

日本国内に在留する中国人は極めて危険な存在です。
.....中国による「領海侵犯」を放置すると、次は「領土侵攻」が来ます!

今、東京で戦われている都知事選挙の候補者の中にも、「中国は日本よりえらい」という事大主義に陥った候補者が「中国脅威論は虚構」と叫んでいます。でも現実には、中国はすでに「日本の領海」を侵略しています。日本共産党をはじめとする親中政党や親中政治家にとっては、「領海侵犯は取るに足らない」ことなんでしょうか? 記事はNHKから。

..........
.....政府は18日午前10時、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が 日本の領海に侵入したことから総理大臣官邸の危機管理センターに設置している 「情報連絡室」を「官邸対策室」に切り替えて情報収集と警戒に当たっています。 ( NHKニュース)
.........
.....一般的には、「中国での反日教育」が露骨になりだしたのは1993年の江沢民政権からと言われています。現在は2016年ですから、1995年からなら21年が経過しています。1995年に小学校一年生だった中国人は現在は27歳。中学一年生だった中国人は33歳になっています。彼らは学校教育において日本は「小日本」と習い、日中戦争だけ特別に学習して、日本人は日本鬼子と呼びます。一方、戦後、日本から3兆円を超える援助と技術を提供されたことは教えあられません。こういう「いびつな教育」を受けた連中が日本人憎悪に燃えるのは当然でしょう。中国人にはもう準備ができているんですよ。日本人を迷わずに殺せる準備が!
.........
.....もちろん 反日教育は学校だけなく、テレビや映画を通しても行われていますから、もっと広い年齢性にも影響を与えているでしょう。中国では映画にも「検閲制度」があります。中国人の映画監督の中には、「共産党の検閲を通過させるためには抗日映画を作らざるをえない」と証言している人もいます。そこに登場する日本人は「怪物」でしかありません。そんな教育を受けた連中を日本に入国させてもよいのですか?
.........
.........................武器を持ってウィグルで暴れる中国人便衣兵たち。
.....中国 による武力挑発は遅かれ早かれ起こるでしょう。現在の「領海侵犯」はその小手調べなんでしょうね。おそらく中国の次の一手は「尖閣上陸=領土侵攻」になるはずです。私たちの目の前には「コソ泥国家・中国」があり、日本国内にはすでに65万6403人の中国人(2015年時点)がいるのです。この65万6403人は中国の「国防義務」を負った便衣兵です。彼らは中国政府の命令に背くことはできません。彼らが日本でテロ行為を始めたら・・・、あなたは中国の便衣兵どもと戦う心づもりはできていますか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク