左翼の味方の「週刊朝日」まで!

鳥越、また女性問題来た~!今度は「週刊朝日」 鳥越って一夫多妻制の実行者なの?

鳥越の下半身はお盛ん!妻以外との女性と長年の不倫が発覚!
.....鳥越のような「倫理観に欠けたオス」を都知事にしてはいけません!

鳥越の女性スキャンダルが続きます。鳥越って「一夫多妻制」の信者なんでしょうか?
..............
.....都知事選出馬で注目を集めている鳥越俊太郎氏が7/20発売の週刊朝日にて、女性問題のスキャンダルが発覚。 高齢なことからも認知症やがん再発等の健康問題で心配されている鳥越俊太郎氏ですが、週刊朝日でのスキャンダル発覚以外にも様々な女性問題があったようです。

.....妻以外にも長年付き合っていた女性の存在が明らかになったようで、ファッションアドバイザー的な役割をしている女性のようです。 出馬会見時に前都知事の政治と金の問題について、問われた際にはクリーンさをアピールしましたが、女性問題のスキャンダルについて触れられたときは、冗談交じりに返答するなどし、スキャンダルの影を隠し切れませんでした。

.....そして出馬を表明した後から週刊誌各局が身体調査を行いスキャンダルが明らかになった様子。 鳥越俊太郎氏側の関係者はすでにこの事実を承知しており、鳥越俊太郎氏の女性問題に関しては、出馬表明前からかなり警戒していたようですが週刊朝日に掲載されてしまいました。(Mens evolution)
.....................
.....ここでも 「高齢なことからも認知症やがん再発等の健康問題で心配」と書かれてますね。鳥越は「ガン差別は名誉棄損」と叫んでいるようですが、鳥越の問題は「ガン患者」ということではなく、その発言に「異常な点が多い」からです。「私は昭和15年生まれで終戦の時は20歳」と言ってかと思うと、投票日は「3月」と言ってみたり。こんな状態なら「鳥越はボケてる」と思うのが普通でしょう。「火のない所には煙は立たず」ですよね。
....................
....鳥越が 今回の都知事選立候補を発作的に決断したのは、その政策のなさでわかります。そもそも鳥越には都政と国政の区別自体がついていません。しかも過去には女性記者を恫喝した事件も起こして問題になった人物を、ただ「反自民」という理由だけで都知事選にかついだ共産党と民進党幹部たちの責任が重いですね。鳥越は都知事選に出なければよかったんです。「雉も鳴かずば撃たれまい」。鳥越は今頃になってようやく、自分の軽率な行為に気づいたでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク