パク・クネ「夜もよく眠れない」と習近平に訴える!来たな韓流慰安婦戦術!

反日で蜜月状態にあった韓国と中国の間にいったい何があったの?
....韓進倒産が韓国倒産に連鎖するのは確実!韓国がすり寄る相手は誰?

.「韓国人はどっちつかずのコウモリ」とはよく言ったもので、あっちにすり寄り、こっちにすり寄りで大変なようですね。今日はパク・クネとキンペーの「ピロートーク」が漏れてきましたよ。かつて、「韓国は国家自体が売春宿」と発言した人がいましたが、クネクネの悩殺プレーはキンペーに通じたのかな? 記事は「レコードチャイナ」からです。

..................................
.........................................2016年9月5日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は中国の習近平国家主席との会談で自らの不眠の悩みを吐露し、終末高高度防衛ミサイル・THAAD(サード)の韓国配備の必要性を強く訴えた。

....韓国大統領府によると、20カ国・地域(G20)首脳会議出席のため中国・杭州を訪問中の朴大統領は5日午前、 習主席との中韓首脳会談の席で「私の広くない肩に、5000万の国民の生命と安危の責任を負わねばならないという極めて重い使命感があるため、夜もよく眠れずにこの問題を心配している」と述べ、THAAD配備が避けられない手段であると訴えた。

....朴大統領はまた「大統領として、いかにして北朝鮮の核とミサイルの脅威からわが国民の命を守ることができるか腐心している」とし、THAADの配備が国家元首として選択すべき正当な自衛的措置である点を強調した。さらに、「北朝鮮が無謀な核・ミサイルによる挑発をしないよう抑止力を持つことは、韓中両国の共同利害関係である朝鮮半島の平和安定にも役に立つ」と述べた。

....これに対し習主席はミサイル配備に反対する姿勢を崩さず、朴大統領の訴えにも両者の主張は平行線をたどった。
.................................
....パク・クネ が韓国の大統領に就任したのが2013年2月でした。そして彼女が就任直後にやったのが「日本を1000年恨む演説」。韓国人の多くはすでにこの発言を忘れているようですが、私たち日本人は決して忘れてはいけません。なぜなら、この発言こそがその後も続く「韓国による反日宣言」だったわけですから。
..................................
....その後の パク・クネは国際会議の場でことあるごとに「日本は慰安婦に謝罪せよ」と繰り返したわけです。安倍総理もいい迷惑です。でも、考えてみれば、パク・クネの反日宣言は「中国へのすり寄り宣言」でもありました。実際、韓国は中国に輸出を行い、対日貿易赤字を対中貿易黒字で埋め合わせたのです。この頃の韓国人や在日韓国人は「サムスンは世界一の企業ニダ!チョッパリ(日本人への別称)、ざまあ見ろニダ!」とやっていたわけです。
.................................
....韓国人が 自己陶酔に酔っている間に、北朝鮮の核開発は着々と進み、それこそソウルは北朝鮮の核兵器一発で壊滅されかねない「無防備都市」になっていました。「命(安全保障)と金(経済)、どっちが大事ニダ?」と考えたパク・クネの選択が、アメリカが主導する「高高度ミサイル防衛システム(THAADサード)」の韓国配備受け入れだったわけです。

................................
..................................韓国ソウルは世界一危険な首都!
....パク・クネ からすれば「反日」で中国と協力しあえたわけですが、安全保障のためにはアメリカにすり寄らざるをえず、そうすると今度は中国の怒りを買うわけです。サードは「アメリカによる中国監視網」でもありますからね。

....中国に 媚びまくったパク・クネが今度はアメリカに媚び、「日韓通貨スワップ」では日本に土下座までしたわけです。「日本を1000年恨む」と言った本人が、韓国の副首相に「日本にお願いしてほしいニダ」とやっているわけです。こういう行動を「節操がない」と言います。
.................................
..........韓国の次期大統領選は2017年の12月に行われます。パク・クネの大統領任期は2018年の2月までで再選はできません。現状のままでは国連酋長を退任したパンくんと、左翼の統一候補で決選投票が行われます。パンくんは知名度はありますが、左翼候補が当選する可能性もあります。左翼候補が当選すると「パク・クネ逮捕」は避けられないでしょう。

................................
......「歴史は繰り返す」 は名言ですね。韓国は大国の間をさまようコウモリのようです。韓国(朝鮮)の歴史の大部分は「中国の属国」でした。その状況を日本に救ってもらったのが「日韓併合」。日韓併合時の1910年から1945年のわずか35年間で朝鮮人の人口は1300万人から2500万人に増えています。それでも「1000年恨むニダ」ですから。ww
..................................
....1945年 8月16日以降の南朝鮮は事実上の「アメリカの属国」。「戦時統制権」をアメリカに預けている国は韓国ぐらいでしょう。「歴史は繰り返す」のです。韓国人から大国に依存する属国根性(事大主義)が抜けることは今後1000年はないのかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク