サタン登場!


こんな呼びかけがされています!
沖縄は、在日と反日でてんやわんやです!
ーーーーーーーー

31日まで カトリック東京教区正義と平和委員会「辺野古・高江 基地建設反対すわりこみ応援団」募集

沖縄の辺野古と高江で進められている米軍基地の建設に反対して、10月3日から6日まで4日間にわたり「辺野古・高江 基地建設反対すわりこみ応援団」を送ろうと、カトリック東京教区正義と平和委員会はその参加者を募集している。

「沖縄が大変なことになってます! 沖縄基地問題は私たちの問題です! みんなで応援に行きましょう!」と、同委員会は呼び掛けている。

日本カトリック正義と平和協議会は7月28日、高江ヘリパッド建設問題について、「沖縄県東村 米軍北部訓練場ヘリパッド工事の強硬な再開は人権侵害です」と題する抗議声明を発表した(関連記事はこちら)。

また、沖縄タイムスや琉球新報は、機動隊や警察官と建設に反対する高江の住民や市民が対立・衝突し、住民・市民に負傷者が出たり、記者が警察に排除・拘束されるといった状況を報じてきている。

カトリック東京教区正義と平和委員会によると、この応援団は10月3日の午後3時に那覇空港に集合し、6日の正午に同空港で解散する予定だという。

宿泊は、「ホテル かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」で、予算は往復航空券代+ホテル代+昼食と夕食代だという。4人部屋の場合は1人1泊朝食付で6480円、1人部屋の場合は1泊1万7280円で、3日の晩には交流会が行われ、費用は5740円だという。
http://www.christiantoday.co.jp/articles/21834/20160825/tokyo-catholic-justice-peace-committee-okinawa-base-construction.htm
ーーーーーーーーーー
てどこんさんより
反対運動とカトリックと・・・

最近沖縄の抗議活動の現場に、カトリックを名乗る方々が現われ
神の名のもとに反基地闘争を繰り返しています。
沖縄のあるカトリック系の幼児園では小さな子供たちにオスプレイ反対を叫ばせ、ヘイワ集会では革マル派などと一緒にシスターたちが拳を振り上げる。
辺野古のフェンスにも、カトリックの団体のバーナーが貼り付けられ、普天間では歩道を占拠し反基地の聖歌が基地に向かって歌われる。

そして今、東京から神の名を掲げる一団が沖縄に入り
反基地闘争という行為に参加しようとしています。

聖書のどの項にも、反基地集会に参加しろとか
法を犯せとは書いていません。
また他人に偽善を押し付けよとも書いていません。
これが神の教えなのか?

そもそも、法を犯す反基地闘争が宗教家のやることでしょうか?
神の名を騙りそれに参加することは、この方々が1番忌み嫌うサタン(悪魔)の行為そのものでありませんか?

私は宗教は否定はしません。
がしかし、地元の声を無視し沖縄の混乱を助長するような動きには賛同いたしかねます。
ぜひカトリック関係者の皆さんで、このような行為が神の真意に基づいていないと思われるのなら勇気を持って異を唱えてくれませんか。
おかしな方向に向きつつある今の動きを止めては頂けませんか?

県民広場の前で開催された反基地集会。
拳を振り上げ叫んでいるシスターたちを私は遠目に見ていました。
彼女たちの目に映っていたのは神ではなく
大声でスローガンを叫ぶ偶像でした。
これでは・・・

もうこれ以上、沖縄を苦しめて欲しくない。
心からそう願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

早速

サタンの手下が二匹惑わしに来とるw
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク