「恩義を忘れない」こと!

私たち日本人の美徳は「恩義を忘れない」ことにあるんだと思う。
.....見返りを要求しない台湾の人々にこそ日本政府は報いるべきでは?

今日は「台湾原住民族」の話。台湾の総選挙で蔡英文総統が率いる民主進歩党が大躍進した際、「原住民区」と呼ばれる特別選挙区があることに気づきました。「原住民」という言葉に侮蔑的な意味を感じる人もいると思いますが、台湾では原住民族が公式用語。「先住民」は「すでに滅んでしまった民族」という意味なので「先住民呼称」はかえって失礼に当たるそうです。

.............................
.....歴史が 好きな人ならすぐに思い浮かぶと思いますが、山地原住民区とは「高砂族」の方たちのコミュニティーのことです。高砂族と言えば「高砂義勇隊」ですよね。日本ではほとんど学びませんが、台湾の歴史では、台湾にはまず原住民族が住んでおり、台湾はまさに原住民族の人たちの国家であったわけです。
.............................
.............................もし日本に武力がなかったなら・・・・

.....ところが、1624年、台湾の南部をオランダが占領します。オランダのやり方は「プランテーション」。中国大陸から農業奴隷を連れてきて、ヨーロッパで売れる商業作物を大規模生産するやり方は、どこでも農民を貧困にし、オランダの植民地では餓死者が続出したと言います。
.............................
.....そこに 登場するのが「鄭成功」。彼は日本の平戸で父鄭芝龍と日本人の母田川マツの間に生まれた男児。成人した鄭成功は1661年に台湾を占拠していたオランダ人を追放することに成功します。ですから台湾では、鄭成功、孫文、蒋介石が「三人の国神」。
.............................
.............................今も往時のまま美しい台湾総督府
.....日本が 台湾を領有することになったのは「日清戦争」で日本が勝利し、1895年に清から日本に割譲されたためです。日本政府は台湾に台湾総督府を置いて、台湾の文明開化を進めます。台湾の人々が今でも親日なのは、台湾総督府による治世がよかったからに他なりません。これは朝鮮半島でも同じことのはずなんですが、朝鮮人ときたら・・・・・。
............................
.....そんな中、大東亜戦争が勃発し、「高砂義勇隊」が誕生するわけです。山地やジャングルでの戦闘に秀でた高砂義勇隊は、軍人ではなく軍属として応召でしたのですが、高砂義勇隊は日本軍人にも勝るとも劣らぬ勇猛果敢さを発揮しました。高砂族の若者6000名が志願し、その半数が戦死したと言います。残念なことは、戦後の日本政府は高砂義勇隊兵士の奮闘に応えることはしませんでした。
.............................
.....戦時中に 高砂義勇隊を部下に持った元陸軍少尉は日本政府の薄情さに、「我々日本人の恥である。戦友として誠に忍びない。国が補償しないなら、俺がする。ほんの気持ちだ」と言って高砂義勇隊の部下20数名に10万円ずつ贈りました。これには元高砂義勇隊の方たちは皆涙しましたが、「この金を戴くわけにはいかない」と言って全員が固辞したと言います。
............................

.....日本政府は 「インチキ朝鮮人プロ売春婦」に10億円くれてやるのなら、それこそ日本のために戦った人たちへの顕彰や功労金を先にすべきですよね。戦後は遠くなり、もはや生存している高砂義勇隊兵士は数少ないでしょう。それでも日本政府は彼らの名誉を称えるべきではないでしょうか? もしあなたが台湾に行かれることがあったら、高砂義勇隊の英霊たちのことをぜひ思い出してくださいね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

激しく同意します!
高砂族や当時の台湾人が日本への恩義を
忘れないのと同様に、日本人も高砂義勇隊や台湾人への恩義を決して忘れてはいけないと思います!

脱税の愛知商銀前理事長に有罪判決

脱税の愛知商銀前理事長に有罪判決 名古屋地裁

 海外に保有する銀行株の配当などを隠して約3千万円を脱税したとして、所得税法違反(脱税)の罪に問われた韓国系信用組合「愛知商銀」前理事長の権東鉉(クォンドンヒョン)被告(79)=名古屋市名東区=に対し、名古屋地裁は13日、懲役1年、執行猶予3年、罰金700万円(求刑懲役1年、罰金1千万円)の判決を言い渡した。

 安福幸江裁判官は判決理由で「脱税額が多額で結果は重い。厳しく非難されるべきだ」と指摘した上で「脱税分は既に納付している」と執行猶予付きとした。

 判決によると、被告は2012~14年分の所得税の確定申告をする際、韓国の銀行口座に入った配当や利子による所得計約1億3700万円を隠し、所得税約3千万円を免れた。

(中日新聞)
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク