日教組の組織率低下!日教組は確実に衰退の道を歩んでいる!

.....日教組委員長だってホステスさんとの「性教育実習」をやりたい!

久々に「日教組」の話題。日教組は都道府県教組の連合体ですから、厳密には「日教組組合員」というのは日教組本部の人間だけで、地方の組合員は〇〇県教組・組合員か、さらに下の〇〇市教組・組合員と呼んでいます。日教組の現在の組合員数は最大時の80万人→28万人。減りました!
................ 
......................岡本泰良・日教組委員長
.....一方、日本共産党が牛耳っている都府県教組は「共産党系」とか「全教系」と呼びます。たとえば東京都の教職員の中には全教系と日教組系の組合がありますが、共産党系の全教系都教組が多数派の第一組合です。東京や京都は共産党系が多数派。全教系の組合員は自称・10万人。ただし、共産党員が10万人ではありません。党員はもっと少ないです。

.....日本全国 の教職員の数は100万人ですから、日教組の組織率は28%、共産党系は10%です。最近の新卒は5人のうちの4人が組合に入りませんから、10年後には日教組も全教も「ジジババ教員だけのサロン」になっていると思いますよ。日教組の撲滅まであと少しです! 今日は日教組委員長の記事です。日教組、終わった~!
.................... 
.....日本教職員組合(日教組)が大揺れだ。岡本泰良(やすなが)委員長(56)がホステスの女性と不倫関係にあり、 女性が勤務するクラブなどでの飲食代を日教組の経費で処理していた疑惑を週刊誌に報じられた騒動。 倫理、道徳を高く問われる教職員団体のトップのスキャンダルに、日教組関係者も「これはキツい」と絶句。辞任は避けられそうにない。 

.....「事実確認の電話がひっきりなしにかかっているようで、(日教組の中央)執行委員会はてんやわんやです」 こう話すのは日教組の関係者だ。 13日発売の週刊新潮が報じた岡本氏のスキャンダル。10月3日夜に岡本氏が40代前半とみられるホステスの女性と東京・池袋のホルモン専門店で食事後、そろってラブホテルへ。2人でタクシーに同乗して帰宅し、タクシーの支払いを日教組名義のチケットで処理したなどと伝えた。 

.....日教組広報室は13日夜、夕刊フジの取材に対し、「委員長が女性問題で報道されたことについては、誠に遺憾なことであり、あってはならないこと」とした上で、タクシー代について「(週刊新潮の)指摘通りです」と私的流用の疑いを認めた。 同誌が記事中で、女性が勤めていた赤坂のクラブに、岡本氏が多いときに月100万円程度、飲食代として支払い、店 側が日教組あての請求書を出したと指摘した点は「そういう事実は確認できていません」とした。 

.....日教組関係者は「委員長にこんな話が出るのは前代未聞。辞めざるを得ないだろう」と絶句。 日教組は「出処進退については、今後適切に対処してまいります」とコメントしている。
.............. 
.....実は この日教組委員長・岡本泰良については今年の3月にも記事にしています。この岡本は、村山富市の地盤である大分県の出身。大分県は「教員不正採用」で有名な県で、教職員組合も不正に一枚嚙んでたんじゃないかな。左翼だってお金大好き、不正大好きですからね。その大分県教組の委員長をやっていたのが岡本泰良。岡本は今年の4月に日教組委員長になったばかりですから「半年で墓穴」を掘ったようです。まず間違いなく「クビ」でしょうね。

.....男性教員に エロ人間が多いのは教育の世界では常識。なんせ、「お金とひま」がありすぎる仕事ですからね。ちなみに「学校週休2日制」は日教組による運動成果。もちろん「子供たちのための土日休み」じゃなくて、「教育労働者(左翼はこう呼びます)のための土日休み。「ゆとり教育」も子供たちのための「ゆとり」ではなく、「教育労働者のためのゆとり」でした。
............................. 
...............................帰宅部顧問の先生だっていますよ。
.....最近は 「部活はブラック労働」とか言ってますが、教員全員が部活の顧問をやっているわけじゃないし、中には「名前だけの部活」もありますから、暇を持て余している教員もいるはず。性犯罪で逮捕される男性教員が多いでしょ! 一方、独身女性教員のお楽しみは海外旅行。私の知人には「世界制覇」した猛女もいます。 「小人閑居して不全をなす」と言いますから、公立学校の土曜休みはもう止めてもいんじゃないかな。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク