これが沖縄県に巣くう左翼野蛮人たちの実態だ!

これが沖縄県に巣くう左翼野蛮人たちの実態だ!沖縄の本当の姿をみんなの力で広めましょう!

沖縄で暴れている無法集団のバックには翁長と福島瑞穂がいた!
.....無法者を支援する翁長・社民・民進・共産連合は違法行為を止めよ!

沖縄県での「土人発言問題」。沖縄の左翼メディアと本土の左翼メディアによる「沖縄は差別されているプロパガンダ宣伝」が「やぶへび」になってきていると指摘する人もいます。つまり、沖縄にいるプロ左翼犯罪集団による、今まで隠されていた「犯罪」がどんどん明るみに出てきたんです。今や新聞やテレビがいくら情報操作をしても、情報操作に踊らされない賢いネットユーザーの人たちがいます。一人一人の情報伝達力は弱くても、みんなが一緒に動けばその力は新聞やテレビ以上の力を発揮できる時代です。  

.....今日の記事は 「5月29日」に一度上げたのですが、今回改めて書き直してあげ直します。今回の注目点は、沖縄プロ左翼の首謀者・山城博治と沖縄県知事・翁長雄志(おなが たけし)が密接につながり、沖縄県警が沖縄の治安を行なえない状況にあることを皆さまに知ってほしいことです。沖縄の現状はそこまで深刻なんです。
...................... 
...............沖縄無法地帯。山城の背後にいるのは翁長と福島

.....ただし、はっきり申し添えておきたいのは、沖縄県知事の翁長はカスでも、沖縄県民の中には「正義を守りたい」と考える県民がたくさんおいでだということ。この問題は十把一絡げにしてよい問題ではありません。山城博治や翁長雄志、福島瑞穂が暴力容認論者でも、沖縄県民の中には「暴力は絶対に認められない」と考え、暴力を防ぐ行動している人たちがたくさんいることも忘れてはならないのです。そのことは皆さまも十分ご理解いただけると思います。 

..........映像 (閲覧注意)沖縄・反社会勢力の実態、主犯は山城博治です。  
.............https://www.youtube.com/watch?v=Pys7VroxWyk
..........
.....もはや 日本の新聞社もテレビも「沖縄が無法地帯になっている」ことを一切報じません。日本国内には警察官が法を執行できないような、こんな無法地帯はありませんよね。でも、日本には勇気と道徳心を持つたくさんの日本人がおり、それを伝える手段も残されています。 私もその一人になりたいし、これを読んでくださっているあなたも「その一人」になってくださると信じています。
....................  
.....在沖米軍人や、そこで働く人たち(軍属)は「Yナンバー」のナンバープレートを与えられているようですね。「沖縄反日プロ市民集団」はYナンバーを見かけると、米兵たちが何も抵抗できないことを知った上で車両を止め、罵声を浴びせかけています。これって「ヘイトスピーチ」を通り越して「侮辱と脅迫」にしか見えません。車両を止められ「Die!(死ね!)」と言われているアメリカ人たちの心中を思うと腹立しくなります。事件とは関係ない人々にあんなひどいことをするのは文明国家では絶対に許されません!

...................... 
.....私から のお願いは、どうかこの映像(https://www.youtube.com/watch?v=Pys7VroxWyk)をあらゆる手段で、あらゆる場所で広めてほしいということ。もちろんご自身のブログやツィッター、フェイスブックはもとより、「2ちゃんねる」などの掲示板にも繰り返しアップしてほしい。

.....さらに、こういう犯罪行為をおこなっている集団を支援している民進党、共産党、社民党の国会議員や沖縄県知事のHPやツィッター、フェイスブックにもこの映像を貼り付けてほしい。どうかこのひどい「犯罪行為」を日本中に広めてほしい。そして、こんな犯罪行為を今日中に全て止めさせてほしい。私たちの日本は法治国家なんですから!
..................... 
................沖縄県民のもう一つの顔。米軍家族を守る沖縄県民
....最後に、沖縄県内にはまともな沖縄県民もおいでです。私たち日本国民は、米軍人とその家族を不当な暴力から守っている沖縄県民がいることも忘れてはいけません。こんな無法状態が放置されていたら「日本の恥」です。無法集団には容赦のない厳罰を与えてください!

..........沖縄県民の中にはこんな心優しい人たちもいるのです。
..........

.....「おしらせ」 アメブロに「リブログ機能」が追加されました。私は一人でも多くの皆様に「情報を伝える側」に立ってほしいと願っています。もしご賛同いただける記事がありましたら、「リブログする」を押すだけで簡単に「なでしこりん」を転載できます。当方への事前事後の承認は一切必要ありません。大切なことは「声を上げ続ける」ことです。ぜひあなたにも「日本を守る側の人」になっていただけるとうれしいです。 なでしこりん

AD
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク