社民党!

瑞穂のお仲間たち、高江で凧揚げ


空を飛ぶ航空機の飛行を妨害する行為は法律で禁止されているだけでなく、常識的に考えても危険極まることであると判ります。
判っててそれを行う行為は、もう抗議活動ではなく
「テロリスト」そのものだと思います。
いま高江では民間の輸送ヘリに加え自衛隊のCH-47が参加しています。
この凧揚げはそれをけん制するものなのでしょうか。
ゲートからそう離れていない高江のダムの近くで凧揚げをかまし
こうして自慢げに公開しています。
皆さん、これが平和に繋がると思いますか?
万が一事故が起きたら誰が責任を取るのですか?
もし、万一の事態が生じたとき
彼等は車のエンジンをかけて遁走することでしょう。
そしてほとぼりが冷めたころ戻ってきて
「ほら、俺たちが言った通り事故が起きた」と叫ぶのです。

 以上

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク