呉善花氏「いったいどこに、鬼畜のごとき日本人がいたのか」

日本の韓国統治の善政
日本統治時代に生活していた韓国のお年寄りには、
日本人に悪感情を抱いている人は圧倒的に少ないといえます。

日本人と直接つき合いのあった人はだいたいが日本や日本人に
親しい気持ちをもっています。たとえば「学校での生活はどうでしたか」
と聞いて、いやな思いをしたという話はほとんどありません。
大部分の人が「日本人の先生にいい先生が多かった」といいます。

日本人からの聞き書き調査では、こんな内容の発言もあります。
「韓国の青年たちが近所の川辺などで凧揚げをしているのを見て、
とてもうらやましいと思っていたら、彼らはうまく凧を揚げる方法を
いろいろ教えてくれた」「当時、日本人も朝鮮人も関係なかった。

学校では、韓国人の先輩に、厳しく、服装などの問題で指導されたが、
それがいつも怖かった」こうした証言は、民衆レベルでは、
実に当たり前の生活観が存在していたという証拠でしょう。

だからこそ、
直接日本人と接したことのある韓国人ほど親日派が多いのです。

呉善花氏著 「反日韓国に未来はない」より


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク