新春:反パチンコ豊川駅前街宣ご参加に御礼申し上げます!!

今年初の反パチンコ街宣にご参加いただきありがとうございました!

元日より好天に恵まれ、仕事始めの日ということもあり参拝者の皆様が少ないかと思いましたが、例年通り多くの方が駅よりお稲荷さんへ向かわれ、弁士の演説を聞き入られておりました。バス待ちをされておった男性は、パチンコの多様な問題点を初めて知ったのか、演説が終わると拍手までしていただきパチンコの生産性の無さを認識されておられました。また、もう一人のバス待ちの男性からはコンビニ等からパチンコ関連雑誌も撤去すれば問題解決に進展するとの助言もいただき、師走のカジノIR法案成立の煽りを受けてかギャンブル(パチンコ・スロット)への関心が高まっておるのが垣間見えました。

昨年より射幸性を煽るMAX機と言われる機種の規制対象枠が広がり、徐々にがホールから撤去されておるそうです。日工組は昨年2月に第一次撤去リストを発表しましたが2014年検定機の名前を聞いても地上波テレビで放送され、スポーツ紙面の広告によく掲載され聞いたこともある機種がリストアップされています。CRスーパー海物語IN沖縄3XMC、CRぱちんこ仮面ライダーV3GOLD1、CR中森明菜・歌姫伝説3KL-T、CR真・花の慶次L3-Kなどといった有名機種ばかりであり、2014年検定機の名前を聞いても馴染みがありホールの客寄せ稼ぎ頭だったものばかりです。これらがホールから消えるとなると業界(ホール、メーカー)にはかなりのダメージになることでしょう。このような動きは今に始まったことではなく、昭和60年から出た権利物とよばれた機種もギャンブル依存症の問題を抱え何度か規制改正を受け平成16年には消滅しております。
カジノが解禁され今年はパチンコ業界へどのような影響が出るのか見ものですが、パチンカスの世代交代もできておらず、若年層の投資先も大きく変わり、利益優先でリスクを取らない主義になっており博打自体に魅力がなくなり、カジノも65%以上の国民からも不支持という結果も出ておりますので、カジノもやはりドン詰まりになると予想しております。お得意さんになるのはおそらく、爆買いのあの迷惑なあの特亜のお客さんで、お客さんからそのうちカジノの胴元として甘い汁を吸わせろと言ってくるような気がします。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

周知街宣お疲れさまでした(´ー`)
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク