サッカーの試合を見に行ったら、プロレスでした!


<ACL:浦和3-0済州>◇決勝トーナメント1回戦第2戦◇31日◇埼玉

 浦和レッズが済州(韓国)との激戦を制し、準々決勝から登場した08年以来の8強入りを果たした。試合後には両チームがもみ合い、乱闘騒ぎに発展した。

 試合終了後のピッチは大荒れとなった。終了のホイッスルが鳴ると、至るところで小競り合いが起きた。済州の選手、スタッフが浦和の選手を追いかけ回した。サポーターにあいさつできないまま、控室に逃げざるを得なかったDF槙野は「こんなことは初めて。考えられない。(済州は)サッカーをやりに来たはずなのにプロレスのような乱闘になった」と話した。

 後半36分に2枚目の警告で退場したDF趙を含め、済州は計3人が退場した。残る2人は延長後半ロスタイムに、ベンチからビブスを着たままピッチに入ってピッチを横切り、浦和MF阿部にひじ打ちを見舞った控えのDF白と、試合後に侮辱的な行為をしたDF権。混乱はしばらく続き、試合後、約2時間が経過するまで公式記録が発表されない異例の事態となった。浦和はアジア・サッカー連盟に抗議する方針を示した。
 この試合前に韓国サッカー協会が掲げたスローガンが話題となっている。同協会は、日本戦に向けたスローガンを「日本は我々の優勝自販機だ」とオフィシャルサイトで発表している。
 韓国語で「自販」は“ジャパン”と読むため、それにかけた挑発的なスローガンだったようだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク