fc2ブログ

教科書 育鵬社離れ相次ぐ!

5日朝日新聞より

来年度から使われる中学校用教科書の採択が、全国各地で進むなか、

歴史認識や憲法観などを巡って賛否が分かれる育鵬社の教科書を選ばず

他社版に切り替える動きが相次いでいる。

4日には同一の教科書を使用する地区として全国最大の横浜市で採択があり、

歴史、公民のいずれも12年度から続けている育鵬社を辞め他社版を選んだ。

この日、横浜市教育委員会の定例会が開かれ、教育長と5人の委員の計6人が

無記名投票した。

歴史は4人が推した帝国書院版、公民は5人が東京書籍版に決まった。

育鵬社を推したのは歴史2人、公民1人

横浜市は09年に18区中8区で「新しい歴史教科書をつくる会」系の自由社版の

歴史を採択

11、15,19は全市一括で育鵬社の歴史と公民を選んだ。

文科省によると、育鵬社の20年度の全国での採択率は冊数で歴史6,4%

公民5,8%

147の市立中(在校生7万7千人)が使う横浜市の選択が数字を押し上げてきた。

今年度の教科書採択は中学校の新学習指導要領が来年4月から実施されるに

伴って実施されている。

これまで育鵬社を使ってきた自治体の状況をみると栃木県大田原市では継続が決まったが

東京都、神奈川県藤沢市、大阪府の河内長野市、四条畷両市などが他社版に切り替えた

切り替えが相次ぐ背景には、2006年第1次安倍政権下での改正教育基本法は「我が国と

郷土を愛する」「伝統と文化を尊重」を盛り込み、14年の第2次安倍政権では近現代史で

通説がない数字に触れる際は明示する。政府見解、最高裁判例がある場合はそれにもとずく

記述をすると決まった。

関東大震災時に虐殺された朝鮮人の人数が「数千人」から「数百人~数千人」に変更、

竹島・尖閣の記述が増えた。

1連の法、制度の変更で「自虐的」とされる記述が減り以前と比べて教科書同士の差がちじまる

育鵬社版を使う大規模自治体では大阪市の8月下旬に択される。

今は他社版を使う

名古屋市は7月29日に採択の議論がまとまらず

歴史と公民のみ7日に再協議する。

ーーーーーーーーーー

7日名古屋教育館にて(名古屋市東区泉1-1-4)

傍聴されるか方は14時~14時半までに入ってください。

80人です。

29日では教育委員の方の賛否が同数の模様でした。

この目で採決の瞬間を見届けていただきたい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク