fc2ブログ

「日本学術会義」は独立し民間団体へ

日本学術会議は

戦後、1949年、政権から独立した科学者団体が必要だと言う認識のことに作られた組織だ。
総理大臣の「所管」で経費は国庫負担としながら政府から独立した「特別の機関」

先進国の団体は国から独立していて全米科学アカデミー、英王立協会は民間団体、運営財源は国に依存しない。
日本では会員210人、任期6年、3年ごと半数が交代
仲間内で会員を引継ぎの悪弊や高齢化で2005年に現会員が次の委員を推薦する方式に70才定年
1部(人文・社会科学)2部(生命科学)3部(理学・工学)の各70人
会員は非常勤の特別職の国家公務員

法律上も当時の答弁も独立性を第1としてます。

学問の自由を奪ってはいけません。

人事に介入もしてはいけません。

完全に政府から独立しましょう

年間10憶程度の予算は拒否して完全独立を果たそう!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

左翼の利権

結局、トリエンナーレもそうだが左翼の利権になっている。反対している連中の顔ぶれを見るとみんな左翼だ!

No title

同感です。
税金から活動資金を支給されている間は、言いたいことも遠慮が働いて言えないってものでしょう。
政府から完全独立をして完全なる学問の自由を手にするべきですね。
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク