fc2ブログ

大村与党体制の崩壊

大村知事のリコールに取り組んでいたら、ビックニュースが飛び込んでくる。

「全トヨタ労連が自公含め連携すると」

トヨタ自動車系の労働組合が加盟する全トヨタ労働組合連合会が、自動車産業の政策の実現に向けて

国会議員との連携を超党派で展開すると検討を始めた。

全トヨタ労連には全国の314組合(総組合員数35万7千)が加盟。

上部団体である自動車総連の組織内議員を通じ、次世代自動車の普及などを働きかけてきた。
今後は自民党、公明党議員との提携も模索する。
長年、旧民主党系政党の有力な支持団体だった全トヨタ労連が政策実現よりも政局がらみの動きが目立つ
野党に見切りをつけはじめたのであろう。
自動車総連が政権に近い与党議員への働きも強めている。

当然、県議会での大村与党である自民党、立憲民主党、国民民主党、公明の関係にも影響が及ぶであろう。
今回のリコール活動で見られる共産党の大村知事擁護でわかる如く、トリエン展示物での
大村知事の判断と非常識ではさすがに良識にある自民党県議員の方々から疑問が揚がる。
まさか、天皇陛下のお写真をバーナーで焼く動画を芸術作品と認める自民党県議員さんはいないでしょう。
それが証拠に次のトリエンナーレは国際芸術祭「あいち2022」に名称を変える。
自民党の議員さんもこのまま大村知事擁護をすれば愛知県民の支持を失うこと必定と察知したことでしょう。
リコールも43万筆も集まる、自動車労連など旧同盟系も過去には共産党系労組と死に物狂いで戦った経緯がる。
共産党がすり寄った大村知事とは同席はできない。
2年半後の次回愛知県知事選挙では自民党県連さんは打倒大村の大物候補者を立てていただきたい。

追伸 早く連合は2っに分裂し同盟と総評に分かれてください。
税金を納める企業の同盟と、税金で食っていく総評系とは水と油の関係です。

⓵自民党県議団がトリエンの反省
中日新聞の自民党県議団がトリエンへの要望書2020・6・13



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク