fc2ブログ

もう一つのリコール運動・横浜

 横浜市がカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進めるのに反対する市民団体「一人から始めるリコール運動」(広越由美子代表)は5日、林文子市長のリコール(解職請求)をめざす2カ月間の署名活動を終えた。

11月29日時点の署名数は7万943筆。市長解職の是非を問う住民投票に必要な約50万筆の達成は厳しい情勢だ。

 昨年8月末から署名集めに協力する「受任者」を募集し、これまでに5万1千人余りが登録。受任者1人が10人の署名を集めれば必要数に達する計算だが、届けたはずの署名簿はまだ約1万7千部しか戻ってきていないという。最終盤に向けて増えてきた署名簿の返送を今月10日まで待ち、最終的な署名数を集計する。

 リコール運動は署名集め最終日の5日、市内全18区で街頭活動を展開。横浜駅西口前(西区)で署名に応じた中区の夫婦は「日本にはカジノは必要ない。まして横浜にできるなんてとんでもない」と話し、「身近にカジノ反対の人がたくさんいる」と署名簿を持ち帰った。

 広越代表は「林市長は市民の声を無視して勝手にカジノを進めた。多くの人が自分の意思を示した重みを感じてほしい」と語った。15日には署名数を発表するとともに、市長への要望書を提出するという。

朝日新聞
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カジノのどこが悪いの?

横浜市長のリコール問題を矢鱈取り上げられるけど、大村知事のリコールとは全然違う。昭和天皇の御写真を燃やしたり、英霊を侮辱するのとカジノ設置は次元の違う話である。そもそもカジノ設置に何か問題があるのか?未成年者とギャンブル依存性患者・経済的弱者が利用出来ないようにすれば何も問題無い。多くの富裕層外国人旅行者から巻き上げられれば横浜市の財政も潤うのに、カジノは上納金を納めなくてはならないから、パチンコにも適用しろとの声があがっても当然だ!寧ろ、パチンコに政府・自治体への高額な上納金を納める事を義務づける。ある意味チャンスかも知れない。
プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク