fc2ブログ

「まもる」にも色々あり

トランプは「憲法をまもる」と訴え続けています。
英語では「Defend」と唱えています。DefendにはObeyやObserveという意味の他にPrevent、Protectという意味があります。
日本語でも「まもる」には同じ様にいくつかの意味があります。私がトランプ大統領に期待している事は「護る」を実現してほしいという事です。
「守る」とは防ぐこと以外に「従う」という意味があります。従う事は大事な事です。しかし、従う事で護る事が実現できなければ本末転倒です。
憲法とはその国の建国理念、価値観の象徴を文書化したものです。価値観があり、その価値観から憲法が生まれるのです。価値観が上で憲法は価値観に従うのです。
そのアメリカの建国の理念とは自由と民主主義です。規則に従って建国の理念が壊される事は憲法を護るという事にはなりません。
自由と民主主義を護るという事が憲法を護るという事につながるのです。
アメリカではトランプ陣営が「憲法を護る」戦いを続けています。
そして日本のSNSではトランプ応援団がトランプ大統領を応援しています。朝日新聞や毎日新聞のネットニュースでは「日本のSNSだけが他国の大統領選挙に対して応援をしているのはおかしい」旨の論評を記事にしています。
しかし、このSNSでの現象は日本だけではありません。台湾でもインドネシアでも、オーストラリアでも、そして欧米でも同じ現象が起きており、まさに世界中で同じ現象が起きています。
毎日新聞や朝日新聞が日本限定の現象と記載していますが違います。世界中で日本と同じトランプ応援現象が起きています。
これはトランプ陣営の行動を「見衛(みまも)ろう」としているからです。
護るとは「言う」「つかむ」の象形から成り、直接の手を下しての守備を表します。手を下しての行動が伴うから護るなのです。
衛るとは韋に対して「行」でとり囲む象形文字です。韋とは大切なものです。人偏に韋で偉となります。偉は偉人として大切な人を意味する意味です。
この韋に行で外側から取り囲む事で衛るとなりますが、これは人が外側から大切なものを取り囲んで衛(まも)るという意味になります。
なぜトランプを世界中の外国人が見衛ろうとしているのかといえば、トランプ政権とはアンチ中国共産党の「象徴」だからです。
今回のアメリカ大統領選挙は民主党と共和党という次元の争いではありません。共産主義と民主主義の戦いです。
共産主義と民主主義の天王山がアメリカ大統領選挙を舞台に争っているのです。
共産主義者は非合法な不正を行い民主主義の基盤を壊し権力を握ろうとしています。その共産主義と闘っているのがトランプ大統領です。
共産主義者は目的の実現には手段を選びません。今回、大規模な不正も、不正を暴こうと証人や弁護しようとした人々を脅迫したり殺したり、そして裏切りそうになった味方も殺したり脅迫したりして議会も司法も地方政府も従わせて不正を強行しようとしているのです。
欲望が理性を倒そうとしているのです。欲望の象徴が共産主義であり理性の象徴が民主主義です。正義と悪の戦いと称する人もいます。善と邪の戦いと称する人もいます。
だからこそ世界中がアメリカの大統領選挙結果の推移に強い関心を持ち続け、見衛ろうとしているのです。
その多くの人々は中国共産党を共通の敵だと認識している人々です。悪だと認識している人々です。敵の敵は頼もしい味方です。
憲法の精神をまもる為には守るではなく護る事が必要です。その実現を世界中が見衛っているのです。
中国共産党に汚染された大手マスコミと論調が真逆なのは当たり前です。マスコミは中国共産党の使徒であり是だと叫ぶからです。彼らは共産主義者の出先機関です。
中国共産党を非だと唱える人々と論調が真逆になるのは必然なのです。
「義を見てせざるは勇無きなり」、原文の論語では「見義不爲、無勇也」と書きます。
トランプは勇気のある人物です。だからこそトランプサポーターは議会や司法に「勇気を持て」と叫んでいるのです。
議会や司法の腰が重いのは左派に支配されているだけではありません。悪質な脅迫が左派により行われているからです。実際に殺された人もいます。
だからこそ憲法を護る為には多くの人々の勇気が必要なのです。
そしてもう一つ、キリスト教の世界観では判決の日が近づくと悪魔たちが天使を装って間違った教えを説くそうです。そして本当の天使達のことを悪魔の使徒だと騙し、多くの人々が悪魔に騙されて地獄に落ちるそうです。
現在のマスコミを見ていると、まさにこの判決の日の聖書のエピソードを思い出します。
最後にDu dateは1月6日です。トランプ大統領には合衆国憲法を護り切ってもらいたいと世界中の人々が見衛っているのです。

和田政宗氏の街宣車にある「まもる」

国を衛る
子供を護る
皇室を守る


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク