fc2ブログ

自動車大国危うし!

25日にトヨタ自動車が発表した2人のりの 超小型電気自動車(EV)シーポットを法人や自治体向けに発表した。

一回の充電で約5時間の充電で、最大150キロ走行できる。

2022年から個人向けにも発売すと言う

大きさは軽自動車の範囲になる。時速60キロで高速道路以外を走る。

価格は165万円程度

ここからですが、これが我が国の
自動車大国のトップのトヨタの自慢の作品である。

今、中国の深圳では駅前のタクシー乗り場には緑色のナンバー(EV)が数十台も客待ちをしている・

公共バス1万6千台が、タクシー2万台がすべてEVである。

上海汽車の「宏光ミニEV]は4人乗りで43万円である。日本の軽ワゴンクラスであり家庭用電源で6時間で120キロ走れる。

エヤコン無しで部品を含めて全部中国製であり、

「人民の足」で今後一家に2~3台の時代にEVが占めよう。


日本はハイブリッドやプラグインハイブリッドが中心で日本の新車500万台の内EVはたった2万台です。

過っての造船王国も電器王国も韓国の何分の位の規模の転落しており、自動車王国は死守できるでしょうか?

もう、株式市場では先見性を発揮して

EVトップの米テスラ社の時価総額はトヨタを大きく抜き2.5倍にもなる。

日本経済のエンジンであるトヨタの弱体化は愛知県にとり命取りになる。

決して悲観的になるのでなく敵の情報を正しく掴み、対策を練りましょう!

通信業界では

日本政府は、もう「5G」には海外勢に追いつくのをあきらめ「6G」に賭けます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク