fc2ブログ

名古屋市議の暴行事件の判決文

中日新聞より

2018年11月に視察先の神戸市で会った名古屋市議会の懇親会で暴言や暴行を受けて侮辱されたとして

田山宏之議員(63)3期目 と所属政党の減税日本が藤田和秀議員(57)自民、6期目に
計200万円の損害賠償をもとめた判決が29日、名古屋地裁であった。

加島裁判長は「田山議員の名誉感情を害した」として藤田議員に10万円の支払いを見自他。

藤田議員側は暴言や暴行を否認したが、加島裁判長は、懇親会出席者の証言や録音などから藤田議員が田山議員に「クズ、ごみ、」といった暴言を繰り返し吐き、額をたたいたと認定。
不法行為に当たるとして「侮辱内容、執拗さ、状況などを考慮すると慰謝料10万円が相当」と判断した。
この問題をめぐり、田山議員の刑事告訴を受けた愛知県警は藤田議員を傷害と名誉棄損で書類送検したが名古屋地検は昨年3月、不起訴にした。
田山議員は判決後に会見し、「不法行為が認められタコとは大きい。藤田議員は自ら進退を判断すべきだ」と述べた。
藤田議員は「判決内容については、疑問を感じている。精査して弁護士と対応を協議している」とコメントした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク