fc2ブログ

12月8日の山下中将!

大東亜希さんより

令和3年12月8日(水) 【旧 十一月五日 先負】・大雪・閉寒成冬(そらさむくふゆとなる)
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 満ちて欠け晴れと曇りにかわれども
  とわに冴え澄む大空の月
   ~山下奉文《やましたともゆき》(1885-1946)
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今からちょうど80年前、1941(昭和16)年12月8日といえば日本が大東亜戦争に突入した日です。真っ先に真珠湾の奇襲攻撃を思い浮かべますが、正確には山下奉文司令官の下で行われたマレー作戦のほうが、真珠湾よりも1時間20分ほど早く開始されています。英国領コタバルへの上陸作戦からシンガポールの戦いに至るまでは真珠湾と並ぶ大きな戦果を上げ、山下中将(後に大将)は国民から「マレーの虎」と評されるようになりました。この時期を背景に描かれたドラマの中で耳にするラジオの臨時ニュース。実際の再生テキストは以下の通り。
臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。大本営陸海軍部、12月8日午前6時発表。帝国陸海軍は、本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。帝国陸海軍は、本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。今朝、大本営陸海軍部からこのように発表されました。
 しかしそれから4年後の敗戦。冒頭の短歌は1946年2月、軍事裁判においてB級戦犯として死刑を宣告された山下大将が妻にあてた辞世です。「満ちて欠け、晴れと曇りにかわれども」は言い得て妙。ドラマの中でも後には必ず「玉音放送」を聴く人々が描かれるお約束です。
Photo:英国の降伏条件のに関してパーシバル中将との交渉に臨む山下中将(写真彩色)

265207125_2047340962071763_6825822952907557735_nパーシバル中将
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク