fc2ブログ

. 6月13日に侮辱罪の厳罰化が国会で可決致しました。


1. 6月13日に侮辱罪の厳罰化が国会で可決致しました。
侮辱というのはそもそも違法ですから、この問題の本質としましては、「国民の言論の自由が確保されるのか?」という事になるかと思います。
国民の知る権利が、「偏った情報しか流さないマスメディア」によって疎外される中で、正確かどうかわからないネット上の情報を根拠として政治家に対して批判した場合、金銭的優位に立つ政治家がお金のない庶民を「事実でない誹謗中傷を受けた」と訴訟で威圧しやすくなったと考える事が出来ます。

そういった観点から、新たな仲間も加わっているので、ここでもう一度SNSを利用される時の注意としてお知らせしたいと思います。

2. 誹謗中傷・批判・非難とは何かを確認しますと、
【誹謗中傷】(ひぼうちゅうしょう)は、根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つける行為である。
「批判や非難」と混同されやすいが、【批判】とは「相手の行動や主張に対する判定・評価、相手への反論」であり、主観的または客観的に良い点と悪い点を判別し判定・評価すること、またはこのように直すべきとした建設的な指摘やアドバイスすることである。

【非難】は落ち度や過失・欠点などを指摘して責めとがめることである。
批判や非難は言論の自由で認められた誰しもが持つ権利です。誹謗中傷との違いを理解する必要があります。
誹謗中傷は所謂「侮辱」という罪になります。
では、根拠ある批判や非難であれば何をしても良いかと言いますとそうではありません。
次に「名誉棄損」という罪について知る必要があります。

3. 名誉毀損とは、
【名誉棄損】不特定又は多数に知れ渡る可能性がある公の場で、具体的な事実を挙げて、他者の社会的評価を低下させる危険を生じさせる行為です。
刑法では
【引用】刑法第二百三十条
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

「公然と」つまり実社会やSNS等で不特定または多数の人に対してという条件はついていますが、少数の人の間の会話でも、そこから話が不特定多数に広がっていく可能性が予見される場合には、名誉毀損罪が成立することになります。
この名誉毀損罪の刑事訴訟件数は決して多くありません。2011年の被疑事件は全国で578件。
このうち起訴されたのは3割弱の163件でした。従って、一般的に「名誉毀損で訴える」と言えば、民法上の不法行為に基づく損害賠償請求を指すことになります。
民法ではどうなっているか、
民法 第709条【不法行為による損害賠償】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
第710条【財産以外の損害の賠償】
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

民法上の名誉毀損では刑法のように「公然性」を条件としていないので、適用の範囲がやや広くなります。

例えば、前科のある一般人を公衆の面前で「この人は前科持ちだ」と拡散する行為は事実であっても名誉棄損になりえます。

4. 事実を摘示があっても名誉毀損が成立しない3つの条件、
一般人に対しての過度な批判や非難は名誉棄損になりますが、次の3つの条件が成立していれば、事実の摘示があっても名誉毀損となりません。
・挙げた事実に公共性がある
・公益目的での行為である
・情報の内容が真実であるか真実と信じるに足りる相当な理由がある
例えば、前科ある政治家の選挙活動に対し「この政治家は前科があって信用できない」と公衆の面前で言っても名誉棄損ではありません。公人の前科は国民が選挙で投票する人を選ぶ根拠として必要であり、国民の知る権利に合致するのです。勿論、唯々名誉を棄損する目的で言えば違法になります。

5. まとめ
公の場での注意として

・根拠ない悪口は絶対に書かない。
・事実であっても相手を傷付ける目的で書かない。
・批判や非難をする場合、公益性(政治団体に対してや公人に対してなのか等)があるかを考える。

こういった知識を持つことは自分の身を護るだけでなく、政治家の不当な脅しに抵抗する術ともなります。
また、ネット上では嫌がらせをしてくる相手も多いとは思いますが、最善の手は喧嘩する事ではなく、「君子危うきに近寄らず」です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク