fc2ブログ

韓国の武器状況

これでいいのかなぁ?
日本には「武器輸出3原則」と言う縛りがある。
である以上、日本の防衛企業は購入相手が自衛隊しかない狭い市場であり、当然価格は高くなる。
そこを突いて、
欧州の兵器市場にとんでも衝撃が走る。
ポーランドへの戦車納入で、ドイツのクラウス社が韓国の現代社に敗れて、K2ブラックパンサー戦車を1000両購入する。120ミリ滑腔(かっこう)砲や自動装てんシステムを備えている優れものだ。
これまでもエジプト、UAE,オースオラリアにも契約している。
NATOの主力戦車である、クラウス社のレオパルト2戦車は1900万ユーロで韓国K2は1300万ユーロ(19億円)と安い。
今後レオパルトを持つ国はK2に切り替えるでしょう。
ギリシャ、イタリア、トルコ、ルーマニア、ノルウェーなどである。戦車のみならず、UAEへ韓国製、中距離地対空ミサイルシステムを22億ドル(3200億円)で売却する。
韓国では兵器産業の存在感が韓国経済の成功とみている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク