fc2ブログ

日本海軍特攻隊

日本海軍特攻隊員の中でアメリカ海軍葬を送られた方がいます。
石野節雄さん、19歳、彼は戦艦ミズーリ
の艦砲射撃を搔い潜り戦艦に突入した。
しかし,石野二飛曹の爆弾は不発でした、クラッシュした機体はバラバラ、しかし、甲板には彼の上半身が落ちてきた。
水兵たちは遺骸を足蹴にした。
その時アメリカ艦長がどなったと言う、
祖国を守るために突撃したゼロファイターは他の機が撃墜された中,ここにたどり着いたヒーローだから誉めるべきだ。
それを聞き乗員すべての人が反省をして、尚且つ、船中で白い布と赤い布とを徹夜で縫い上げて旭日旗をつくり、翌朝には
石野二飛曹の上半身を包み戦火の最中にも関わらず乗員が整列して遺体を海の返した正式なアメリカ海軍葬を行った。
この戦艦の甲板で終戦の降伏文書に調印した。この船の右舷には微かな凹みがある。
このくぼみこそが石野二飛曹の戦果の証、
この戦艦は現在真珠湾に繋がれ今もミズリーの甲板にはその足跡がペイントされていて、葬儀の写真も展示されている。
心あるアメリカ海軍に感謝すると共に石野二飛曹が「僕の人生が明日で終わる、生きたであろう残りの人生を未来の君たちに託す。」
若くして勇敢に戦い散華した石野さん、それに敬意を払うキャラバン艦長以下米兵の皆さま共に素晴らしいと思う。
英霊に感謝!


ミズリーに突入

米海軍葬を









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク