fc2ブログ

瀬戸弘幸氏の戦い

瀬戸弘幸氏が日本第1党を離れたのは、愛国倶楽部と敵対し
荒巻さん西村斎さんらの同志を除名や退党に追い込んだことである。

5月3日の福島駅前
 
大日本愛国党の街 宣を拝聴

久しぶりに大日本愛国党の演説を福島駅前で聞きました。日の丸、台湾の国旗、そして米国の星条旗がはためき懐かしい光景でした。

私が右翼民族運動を始めたのも愛国党の赤尾敏先生の演説を聞いたのがきっかけでした。
東京の日比谷で大日本愛国党の赤尾敏の演説を目撃し、強い影響を受け、個人として右翼活動を始めた[4]。1972年に自身が新成人として参加した福島市の成人式の式場とその周辺で、左翼系のデモ隊が、新成人の自衛官を乗せたバスを包囲し、「自衛隊反対・人殺しは帰れ」等のスローガンを掲げて、式への参加を妨害した場面を目撃した[5]。



以上

懐かしい風景を見て自分が行ってきた人生を自分なりに満足し、誇りに思っています。

  共産主義に一貫して反対し左翼と戦ってきた、人生の最後として、地元福島に戻り、後輩の民族派運動家である桑原一真氏をどうしても市議会に送りだしたい。

 桑原一真さんは大阪での私の戦い、そして川崎での戦いにも応援で来てくれました。



  今回の市議会には令和新撰組も立候補者を擁立するようです。

 私と桑原一真さんは、共にこの問題に取り組み令和新撰組を叩き潰すことを皆さん居お約束します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愛国倶楽部

Author:愛国倶楽部

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク